登る山を決めると道が自然と見えて来る。孫正義の名言

孫正義ソフトバンク 名言格言

日本の実業家 資産家 ソフトバンクグループの創業者

 

危機をなんとしても乗り越えるという情念が進化を促進させる。

 

最も重要なのは1番目が志と理念、2番目がビジョン、3番目が戦略です。

 

スポンサーリンク

 

常に道は在る。 「仕方ない」とか「難しい」とかいう言葉を言えば言うほど解決は遠ざかる。

 

常識に囚われてはならない。未知の世界はその向こうにある。

 

強風の中、必死に岩にしがみついてじっとしている細い糸トンボを見つけた。何を思い何を耐えているのだろう…。 すると風や止んだその一瞬に大きく羽ばたいた。 そうか、これだ!

 

失敗を恐れずに、様々な手段を次々に試していれば、必ずどこかで当ります。

 

まずはじめに、どこで世界一になるのかの、方向性を定めなければいけません。

 

無難な人生を過ごしていないか。

 

人間50歳を過ぎたら、今この場で終わったとしても悔やまない人生を過ごしていかねばならない。

 

うまくいかなくても、やったことは全部、将来の自分のプラスになります。

 

とても悲しい。スティーブ・ジョブズは、芸術とテクノロジーを両立させた正に現代の天才だった。数百年後の人々は、彼とレオナルド・ダ・ヴィンチを並び称する事であろう。彼の偉業は、永遠に輝き続ける。

 

近くを見るから船酔いするんです。100キロ先を見てれば景色は絶対にぶれない。ビジョンがあれば、少々の嵐にもへこたれません。苦しいときこそ、船と仲間を命がけで守れる人でなければ、大将になってはいかんのです。試練なんて黙っていてもやってくるものなんです。

 

責任転嫁をしてはならない。全ての責任は己の中にある。その様に覚悟を決めるだけで物事は前進する。

 

まだまだだ。まだまだ全く満足出来ない。自分の未熟さが目に付いて仕方ない。満足してしまったら、そこで成長が止まる気がする。

 

負ける戦いはしない。負けるだろうという戦いはもちろん、負けるかもしれないとか、苦戦するだろうという戦いは最初からしないことです。ですから、実際の事業が始まって営業を開始するときには、全体構想の9割は終わっていないといけないんです。

 

成功する者と失敗する者の異いは、頭の差より性格の差の方が大きい。

 

意欲は、成長の源泉である。あらゆる事に意欲を持ちたいものだ。

 

登る山を決めると道が自然と見えて来る。

 

ブログ管理人のコメント
企業経営は「一寸先は闇」です。少しの判断ミスが巨額の赤字や倒産につながります。そういう恐れに屈することなく、ビジョンと戦略をしっかりと定めて逆風の中を耐えて進む。孫正義氏の強い意志を感じずにはいられません。

 

孫正義 名言格言孫 正義(そん まさよし、1957年8月11日 – )は、日本の実業家、資産家。ソフトバンクグループの創業者として知られ、ソフトバンク株式会社代表取締役社長、ソフトバンクテレコム株式会社代表取締役社長、ソフトバンクモバイル株式会社代表執行役社長兼CEO、福岡ソフトバンクホークスのオーナーなどを務める。

創業したソフトバンク株式会社の株式21.19%を保有する筆頭株主(2011年時点)。2010年末の時点で日本第4位の富豪。フォーブスの調査に基づく世界長者番付によれば、2011年11月の時点で、日本一の富豪、総資産約75億ドルとなっている。そして2014年3月の時点では総資産184億ドルで日本富豪ランキング1位(2013年1位はファーストリテイリィングの柳井正)、世界富豪ランキング42位となった

ソフトバンクグループ全体としては、ソフトウェアの卸売り、出版、eコマース、金融、証券、ベンチャーキャピタル、Yahoo! BBなどの通信事業、放送事業などの分野にも事業を広げ、球団も獲得するなど、日本を代表するIT関連企業となっている。

「二十代で名乗りを上げ、三十代で軍資金を最低で一千億円貯め、四十代でひと勝負し、五十代で事業を完成させ、六十代で事業を後継者に引き継ぐ。」という氏の「人生50年計画」は、いまや格言として有名となっている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました