あらゆる者が強みによって報酬を手にする。ピーター・ドラッカーの名言

ピータードラッカー 名言格言

オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者 「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者

 

21世紀に重要視される唯一のスキルは、新しいものを学ぶスキルである。それ以外はすべて時間と共にすたれてゆく。

 

成果をあげる人とあげない人の差は才能ではない。いくつかの習慣的な姿勢と、基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である。しかし、組織というものが最近の発明であるために、人はまだこれらのことに優れるに至っていない。

 

事業を行うときは、次の4つの条件を満たしておかなければならない。まず経営環境、使命、強みが現実と一致していること。そして、それらの条件が互いに合致していること。そして、周知徹底されなければならない。さらに、たえず検証されなければならない。

 

力を集中するための第一の法則は、もはや生産的でなくなった過去のものを捨てることである。

 

基本と原則に則っていないものは、かならず破綻する。

 

オーナー起業家に天才的なひらめきがあるというのは神話にすぎない。私は40年にわたってオーナー起業家たちと仕事をしてきた。天才的なひらめきをあてにするオーナー起業家は、ひらめきのように消えていった。

 

スポンサーリンク

 

ビジネスには二つの機能しかない。マーケティングとイノベーションである。

 

誰かが勇気ある決断をしなければ、どんな事業も成功しないだろう。

 

自らに対し、少ししか要求しなければ、成長はしない。極めて多くを要求すれば、何も達成しない人間と同じ程度の努力で、巨人にまで成長する。

 

素晴らしくマネジメントされた組織というものは、日常はむしろ退屈な組織である。

 

あらゆる者が、強みによって報酬を手にする。弱みによってではない。したがって、常に最初に問うべきは、「われわれの強みは何か」である。

 

優れた者ほど間違いは多い。それだけ新しいことを試みるからである。一度も間違いをしたことのない者、それも大きな間違いをしたことのない者をトップレベルの地位に就かせてはならない。間違いをしたことのない者は凡庸である。そのうえ、いかにして間違いを発見し、いかにしてそれを早く直すかを知らない。

 

間違いや失敗を犯したことのない者というのは、単に無難なこと、安全なこと、つまらないことしか、やってこなかっただけである。逆に優れている者ほど、数えきれない間違いを犯すものであり、これは常に新しいことに挑戦している証拠である。

 

複雑なものはうまくいかない。

 

チャンスとは、ひとつのことに心に集中することによって、かろうじて見つけることができるものである。

 

不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。自らの強みに集中すべきである。無能を並みの水準にするには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする。

 

人間は、自らが望む未来の大きさに合わせて、成長する。

 

何かを成し遂げるためには、そのことをしか考えられないという“狂い”が必要となる。

 

ブログ管理人のコメント
現実的な分析を重ねた上で力を一点に集中して挑戦し続けろ、という主張はシンプルで力強く、心に響きます。まず自らの強み・長所を把握することが大事ですね。

 

ピータードラッカー 名言格言ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker, ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 1909年11月19日 – 2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。
 
「経営学の父」「マネジメントの権威」「ビジネス・コンサルタントの創始者」として知られ、「顧客の創造」「知識労働者」「分権制(=事業部制)」「ナレッジマネジメント(KM)」「コアコンピタンス」など、経営・管理に関する多くの用語・概念を生み出した。また、独特の視点による文明論・産業社会論を展開し、早くから知識社会・高齢化社会の到来や旧ソ連・バブルの崩壊などを予見したことでも知られる。
 
ドラッカーの思想は、組織や企業経営の分野にとどまらず、個人のプロフェッショナル成長の分野にも及んでいた。いわゆるナレッジワーカーが21世紀のビジネス環境で生き残り、成功するためには、「自己の長所(強み)」や「自分がいつ変化すべきか」を知ること、そして、「自分が成長できない環境から迅速に抜け出すこと」を勧めていた。新しい挑戦こそが、プロフェッショナルの成功に貢献すると主張していた

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました