ぼくはまた、天使にお届け物をするのかと思ったよ。魔女の宅急便の名言

魔女の宅急便 名言格言セリフ

スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション作品

 

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

 

笑顔よ。第一印象をだいじにしなきゃ。

 

きっと、きっとその子もおばさまのお誕生日を知りたがるわ。プレゼントを考える楽しみができるから。

 

ぼくはまた、天使にお届け物をするのかと思ったよ。

 

黒は女を美しく見せるのよ。

 

私、もうちょっとこの町にいるわ。おソノさんのように私の事、気に入ってくれる人が他にもいるかもしれないもの。

 

描くのをやめる。散歩をしたり、景色をみたり、昼寝をしたり、何もしない。そのうち急に描きたくなるんだよ。

 

スポンサーリンク

 

そんなに形にこだわらないの。大切なのは心よ。

 

絵、描くの楽しくてさ。寝るのが惜しいくらいだったんだよ。それがね、全然描けなくなっちゃった。描いても気に入らないの。それまでの絵が誰かの真似だって分かったんだよ。どこかで見たことがあるって。自分の絵を描かなきゃって…。

 

才能を生かした仕事だろ。素敵だよ。

 

そういう時はジタバタするしかないよ。描いて、描いて、描きまくる。

 

おもしろいよ、空飛ぶ宅急便ってわけね。

 

この絵、消しちゃおうかって、何度も思ったんだよ。今日、キキに会ってさ、悩んでるキキの顔見たら、かけそうな気がしてきたの。

 

仕事だもん。楽しいばかりじゃないわ。

 

まぁ~じょ子さぁ~ん。

 

あの猫見た?ヤな感じ。

 

私、修行中の身なんです。魔法がなくなったら、何の取り柄もなくなっちゃう。

 

仕事の方も軌道にのって少し自信がついたみたい。落ち込むこともあるけれど、私 この町が好きです。

 

ブログ管理人のコメント
どことなく洋風でロマンチックなセリフが多い、ブログ管理人が好きなジブリ映画です。魔女としての才能を生まれ持っても色々な苦悩につきまとわれる…そんなことを想像してしまう名言ばかりですね。

 

魔女の宅急便 名言格言セリフ『魔女の宅急便』(まじょのたっきゅうびん、英題:Kiki’s Delivery Service)は、スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション作品である。アニメーション映画として1989年(平成元年)7月29日から東映系で公開された。原作は角野栄子の児童書『魔女の宅急便』(第1巻)。監督は宮崎駿

アニメ版では、原作に見られた童話ならではのファンタジー性は抑えられ、作中における魔法はあくまで「個人の特技の一種」という位置づけで描かれている。「田舎から都会へ上京してきた少女が特技を活かして独り立ちしていく」という点を強調して前面に押し出しており、その中で思春期を迎えた少女の感情の機微を描写していく現実味漂う作風となっている。

とあるのどかな田舎町に住むキキは、魔女の血を受け継ぐ13歳の女の子。『魔女として生きることを決意した少女は、13歳の満月の夜に魔女のいない町を見つけて定住し、魔女の修行を積むべし』という古くからのしきたりに従って旅立ち、海の向こうの町コリコにたどり着く。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました