困るということは次の新しい世界を発見する扉である。エジソンの名言

エジソン 名言格言言葉

アメリカ合衆国の発明家 起業家

 

私の若い頃には1日8時間労働などというものはなかった。私が仕事を1日8時間に限っていたら、成功はおぼつかなかったはずだ。

 

ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。勝負はそこからだというのに。

 

世の中が必要としているものを、つねに探せ。

 

価値ある仕事をやり遂げるための必要条件は三つ。第一に勤勉、第二に頑張り、第三に常識である。

 

発明するためには、豊な想像力とゴミの山が必要だ。

 

スポンサーリンク

 

懸命に働いている者は、決して歳をとるということはない。私は、自分の葬式の日をもって、人生からの引退の日とする。

 

寝るのはバカだ。みんな寝すぎだ。私は死んだあとたっぷり眠る。

 

私は売れないものは発明したくない。需要は実用性を立証するものであり、実用性こそ成功である。

 

私は一度も失敗なんかしちゃいない。うまくいかない方法を一万通り見つけただけだ。

 

幸せは、財産、地位、職業などで決まるものではない。その人が何を幸福と考え、不幸として考えるかで決まるのだ。

 

もちろん、生まれつきの能力の問題も、まったく無視はできない。それでもやはり、これはおまけみたいなものだ。絶え間なく、粘り強く努力する。これこそ何よりも重要な資質であり、成功の要といえる。

 

あらゆるものには輝くダイヤが隠されている。磨けば光る。

 

時の経つのも忘れて、ある一つのことに熱中できる人は、必ずや何かを成し遂げるだろう。

 

1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄である。

 

命令を質問の形に変えだけで、気持ちよく受け入れてもらえるだけでなく、その人の創造性も発揮される。

 

世の中の誰もが納得するような、常識的な考え方をしていたのでは、新しいものなど作り出せはしない。

 

私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。

 

困るということは、次の新しい世界を発見する扉である。

 

ブログ管理人のコメント
不屈の人物として名高いエジソン。諦めてしまうこと・「そんなことは出来るはずがない」と最初から否定してしまうことが発見や発明を妨げてしまうと理解できる名言ばかりです。

 

エジソン 名言格言言葉トーマス・アルバ・エジソン(英語: Thomas Alva Edison, 英語発音: [ˈtɑməs ˈælvə ˈedəs(ə)n](トマス・アルヴァ・エディスン), 1847年2月11日 – 1931年10月18日)は、アメリカ合衆国の発明家、起業家。

傑出した発明家として知られている。生涯におよそ1,300もの発明を行った人物であり、また人々の生活を一変させるような重要な発明をいくつも行ったことで知られている。例えば蓄音器、白熱電球、活動写真である。また、電球などの家電だけでなく、発電から送電までを含む電力(電力システム)の事業化に成功したことが最も大きな功績、ともされる。

エジソンは「努力の人」「非常な努力家」「不屈の人」などとして知られている。幼いころから正規の教育を受けられないという困難に見舞われたが、図書館などで独学した。新聞の売り子(販売員)として働くことでわずかなお金をコツコツと貯め自分の実験室を作った逸話などでも知られている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました