成功者は必ず自分がやりたいことを仕事にしている。アンドリュー・カーネギーの名言

アンドリューカーネギー 名言格言

「鋼鉄王」と称されたアメリカの実業家

 

よりよい成果が得られるのは、自分が一番好きな仕事をしているときだろうね。だから、人生の目標は、自分が好きなことを選ぶべきなんだ。

 

現状に不満をもつことはいいことだ。

 

強烈な願望を抱いた心は、心の中から恐れや疑いや、自分で課した限界を取り除く。

 

成功者は必ず、自分がやりたいことを仕事にしている。

 

スポンサーリンク

 

自らを助けないものを救おうとしても、無駄だ。ハシゴを自分で登る意思のないものを他人が押し上げることできない。

 

チャンスに出会わない人間は一人もいない。それをチャンスにできなかっただけである

 

先延ばしにする癖のある人は、人生を漫然と過ごして失敗する。

 

人が最高の力を発揮するのは、自分がやりたいと思うことをするときなんだ。

 

すべての成功、すべての巨富は、まずアイデアから始まる。

 

諸君の精力と思考とを、自分の使命に集中させよ!なすべきことを、とことんまでやりぬけ。あらゆる改善をし、あらゆることに精通し、なすべき仕事を完璧にマスターせよ!

 

自分の意欲をかき立てることが、できない人たちは、ほかの才能がいかに感嘆すべきものであろうと、凡庸に甘んじるしかない。

 

私は特別な人間ではない。しいて言えば普通の人より、ちょっと努力しただけだ。

 

自分の時間は、睡眠に必要な時間を除いてすべて、何らかの利益をもたらすようなことに、使うべきだ。

 

一番乗りは牡蠣を得るが、ニ番目の人は貝殻しか得られない。

 

まだやっていないことでは、名声は築けない。実に簡単な話だ。夢を抱き、リハーサルしたら、あとは現実の世界に飛び込んで実行あるのみ。

 

私たちは誰でも習慣に支配されている。習慣は思考や経験の繰り返しによって、私たちの中に定着する。したがって、思考をコントロールすることで、それに応じて、この世での運命を、コントロールすることが出来るのだ。

 

小さく砕いて、一つずつ解決すれば、解決できない問題はない。

 

「明確な目標」があれば変化を起こして、環境を自分を従わせることができるが、そうでなければ、周囲に流され環境に支配されてしまう。

 

ブログ管理人のコメント
自分の好きなこと・やりたいことが最高のパフォーマンスをあげるのは疑いようのない事実です。そのことをカーネギー氏は優しい言葉で繰り返し教えてくれています。

 

アンドリューカーネギー 名言格言アンドリュー・カーネギー(Andrew Carnegie, 1835年11月25日 – 1919年8月11日)は、スコットランド生まれのアメリカの実業家。崩れ行く橋を見て着想を得てカーネギー鉄鋼会社を創業し、成功を収めて「鋼鉄王」と称された。立志伝中の人物であり、ジョン・ロックフェラーに次ぐ史上2番目の富豪とされることが多い。

1870年代にはピッツバーグでカーネギー鉄鋼会社を創業。1890年代には同社が世界最大で最も高収益な会社となった。事業で得た富でカーネギー・ホールなどを建てている。引退した従業員のための年金基金も創設した。1901年、J・P・モルガンに4億8000万ドルで同社を売却。

事業で成功を収めた後、教育や文化の分野へ多くの寄付を行ったことから、2014年の今日でも慈善活動家としてよく知られている。1889年の『富の福音』はフィランソロピーを志す人々への啓蒙書となっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました