…あまり強い言葉を遣うなよ。弱く見えるぞ。BLEACHブリーチの名言

bleachブリーチ 名言格言セリフ

久保帯人による漫画 第50回(平成16年度)小学館漫画賞(少年向け部門)受賞

 

人が希望を持ちえるのは 死が目に見えぬものであるからだ

 

ほんなら卍解は どんくらい延びるかわかる?
しゃァない よう分かるように キミらの長さで教えたげるわ
「13kmや」
ピンとけぇへんやろ 数で聞いても

 

一列に並んできてくれるかな 一発で始末できるように

 

スポンサーリンク

 

命を刈り取る、形をしてるだろ?

 

…あまり強い言葉を遣うなよ
弱く見えるぞ

 

あ~あ 人生が5回くらいあったらいいのになあ
そしたらあたし、5回とも違う街で生まれて、
5回とも違うものをお腹いっぱい食べて、5回とも違う仕事して、
それで5回とも同じ人を好きになる。
ありがとう。黒崎君。さようなら。

 

剣を握らなければ おまえを守れない
剣を握ったままでは おまえを抱き締められない

 

そう、我々に運命などない
無知と恐怖にのまれ 足を踏み外したものたちだけが 運命と呼ばれる濁流の中へと堕ちてゆくのだ

 

これ以上 勝手な憶測で喋んのはヤメようぜ とにかく今の時点で確かなのは こうして喋ってるだけじゃ何も片付かねえってコトだけだ

 

なん・・・だと・・・

 

チャドの霊圧が・・・消えた・・・?

 

一体いつから鏡花水月を使っていないと錯覚していた?

 

全ての水は俺の武器 全ての天(そら)は俺の支配下だ

 

妙な気分だな・・・
俺があんたの刀を受け止めた事がそんなに信じられねえか?
怖いか? 自分の目の前で理解が出来ねえ事が起こるのが

 

憧れは理解からもっとも遠い感情だよ

 

私が天に立つ

 

斬り付けたものの重さを倍にする
二度斬れば更に倍 三度斬ればそのまた倍
そして斬られた相手は重みに耐えかね
必ず地に這いつくばり
詫びるかのように頭を差し出す
故に「侘助」

 

この世界には最初から真実も嘘もない。あるのは、ただ厳然たる事実のみ。
にもかかわらず、この世界に存在する全てのものは 自らに都合の良い“事実”だけを“真実”と誤認して生きる
そうするより他に 生きる術を持たないからだ
だが 世界の大半を占める力無きものにとって 自らを肯定するに不都合な“事実”こそが悉く真実なのだ

 

何故 儂が千年も 護廷十三隊の総隊長を務めとると思うとる? 儂より強い死神が 千年生まれとらんからじゃ

 

理とは理にすがらなければ生きてはいけないもののためにある

 

世界には完璧などというものは存在しないのだヨ
陳腐な言い回しになるがネ
それは事実だ
なればこそ凡人共は”完璧”に憧れそれを求めるだがネ”完璧”に何の意味がある?
何も無い 何も 何一つだ
私は完璧を嫌悪する
“完璧”であればそれ以上は無い
そこに”創造”の余地は無くそれは知恵も才能も立ち入る隙が無いという事だ
解るかネ?我々 科学者にとって”完璧”とは”絶望”だヨ
今迄存在したなにものよりも素晴らしくあれ

だが決して完璧であるなかれ

科学者とは常にその二律背反に苦しみ続け更にそこに快楽を見出す生物でなくてはならない
つまり”完璧”などという頓狂な言葉を口にした瞬間に
既に君は敗北していたのだヨ

 

女を手にかける男は屑だ 屑になって生き延びるのは死んだも同然なんだよ

 

戦士にとって 最も大切なものは力ではない 戦いを怖れる心だ 戦いを怖れるからこそ 同じく戦いを怖れる者達の為に 剣を握って戦える

 

滲み出す混濁の紋章 不遜なる狂気の器
湧き上がり・否定し・痺れ・瞬き 眠りを妨げる
爬行する鉄の王女 絶えず自壊する泥の人形
結合せよ 反発せよ 地に満ち己の無力を知れ
破道の九十 「黒棺」

 

それは 何だ
その胸を引き裂けばその中に視えるのか?
その頭蓋を砕けば その中に視えるのか?
貴様等人間は容易くそれを口にする
まるで―
そうか
これが そうか
この掌にあるものが
心か

 

ブログ管理人のコメント
スタイリッシュで、短い言葉でも胸を打つ名言のオンパレードです。ネット上でネタとして使われる汎用性の高い名言も多くあり、たくさんの人に愛されているのだと実感できます。

 

bleachブリーチ 名言言葉文章『BLEACH』(ブリーチ)は、久保帯人による日本の漫画作品。および、それを原作としたテレビアニメ作品、ゲーム作品。2001年から『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載中。

第50回(平成16年度)小学館漫画賞(少年向け部門)受賞。作品の累計発行部数は8200万部を突破した。日本以外でも熱烈な支持を受けている。また、テレビ東京が最もテレビ東京の業績に貢献しているものとして、『NARUTO -ナルト-』や『遊戯王』と共に『BLEACH』の名前も挙げた。読者層は、男性から女性、少年など幅広く支持されている。

ある日、悪霊・虚(ホロウ)を退治する(死神)になってしまった高校生・黒崎一護とその仲間達の活躍を描く。主な舞台となるのは東京にある架空の町・空座町(からくらちょう)。初期の死神代行篇は、自身に死神の力を与えた死神の少女・朽木ルキアを相棒に、一護が虚絡みの騒動に巻き込まれていきながらも解決にあたるエブリデイ・マジック的要素もあったが、尸魂界篇以降はその要素は失せ、敵対勢力とのバトル中心のストーリーを展開する。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました