復讐という名の料理は冷めてからがおいしい。絶対可憐チルドレンの名言

絶対可憐チルドレン 名言格言セリフ

椎名高志による漫画

 

幻想が大きすぎると、本番で面倒よ。

 

本当の敵は、人間から幸せな思い出を奪って、その未来をも破壊する奴らなの。

 

人はね、持って生まれたものを活かすために生きているんだ。それを使って勝ち残り、認められる誘惑には勝てやしないよ。

 

スポンサーリンク

 

生まれつきの能力(ギフト)を持っているお前らは、憎悪され、引きずり降ろされて当然なんだ。それが力弱き者の本能。

 

人は何にだってなれるし、何処へだっていける。

 

変革は常に、異質な存在の中から生まれます。

 

無駄な過去なんてないのよ。あのとき辛かったなら、同じ辛さを味わっている人を救う人になりなさい。

 

愛や美の価値は何か基準があって量れるものじゃない。大事だと思う人には命をかける意味があって、そうじゃない人にとっては何の意味も価値もない。

 

無理難題をつきつけられて、それでも頑張った精神的苦痛が最良のスパイスなのである。

 

復讐という名の料理は冷めてからがおいしい。

 

誰だって面倒だよ。だから、誰かがやってくれればいいと思っている。だが、その面倒な子供は、その誰かがくるまでずっと放っておかれるんだ。気づいた人間がその場でできることをしてくれないからナ。

 

動く奴はいじめっ子だ、動かない奴は訓練されたいじめっ子だ。

 

女の子相手には世話を焼くにもデリカシーが要る。

 

授かった力で不幸になったのは―――――君がそれを選んだからだ!!
それだけの力を持っていながら、情けないことを言うなッ!!
君はなんにでもなれたし、どこにでも行けたんだ!!
この子たちの未来を自分と一緒にするんじゃない!!

 

僕に憎まれないほうがいいぞ。
僕は憎しみで、人を殺せる

 

ただそのときの僕たちは、おとぎ話のようなハッピーエンドが自分たちにも訪れると信じていて、その無邪気さが僕の胸を甘やかな痛みで締めつけるのです。

 

残りの人生も男でいたいでしょ?

 

ブログ管理人のコメント
驚異の長期作家の椎名先生による名作です。分かりやすい言葉の中に真理や気の利いたユーモアが込められていますね。

 

絶対可憐チルドレン 名言格言言葉『絶対可憐チルドレン』(ぜったいかれんチルドレン)は、椎名高志による日本の漫画作品。世界でトップクラスの超能力を持つ3人の少女と、彼女らに翻弄される上司兼教育係で非エスパーの天才科学者である青年が、様々な事件を解決していくコメディアクション。通称『絶チル』。単行本は少年サンデーコミックスより39巻までが発行され、2010年10月時点で累計発行部数が500万部を超えている。

21世紀、超能力者(エスパー)は増え続けていた。彼らは軍事、外交、経済等あらゆる分野で活躍し、国際競争の鍵を握っていた。しかし、最高ランクである超度7のエスパーは日本国内に三人しか確認されていなかった。その三人とは明石薫、野上葵、三宮紫穂で、いずれも10歳(物語開始時点)の少女であり、内務省特務機関超能力支援研究局・通称:B.A.B.E.L.(バベル)においてチーム「ザ・チルドレン」として働いていた。

優秀な超能力研究者である皆本光一は、能力を見こまれてザ・チルドレンの現場運用主任となり、指揮官として数々のミッションを三人とともに共に解決しながら彼女らの成長を見守っている。一方、近い将来にエスパーと普通人との間に戦争が勃発し、ザ・チルドレンがエスパー側のリーダーとなって普通人と敵対すると予知されており、皆本やB.A.B.E.L.の幹部たちは、この未来を回避しようと苦悩している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました