ココシャネル 名言格言

20世紀を代表するファッションデザイナーのひとり ファッションブランド「シャネル」の創業者

 

私は好きなことしかしない。私は自分の人生を、自分が好きなことだけで切り開いてきたの。

 

みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。でもそれが私の成功の鍵。みんなと同じ格好をしなかったからよ。

 

下品な服装は服だけが目につき、上品な服装は人物を引き立たせる。

 

実際にどう生きたかということは大した問題ではないのです。大切なのは、どんな人生を夢見たかということだけ。なぜって、夢はその人が死んだ後もいき続けるのですから。

 

私は流行をつくっているのではない。スタイルをつくっているの。

 

あえて一人でいることを大切にする時もあっていい。自分の価値観を他人にあれこれ言われたりするのは嫌だし、ましてや整理整頓することなどやめてほしい。

 

口紅は、落ちる過程にこそ、ドラマがある。

 

私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの。

 

流行は色褪せるけど、スタイルだけは不変なの。

 

スポンサーリンク

 

香りは自分のスタイルを完成させるための雄弁なコスチューム

 

ただの人じゃなく、ひとかどの人物になろうと思ったら、ずいぶんたくさんの人が離れていくものよ。

 

かけがえのない人間になるには、常に他人と違っていなくちゃ。

 

公爵夫人はほかにもいたけれど、ココ・シャネルはただひとり。

 

ブログ管理人のコメント
一大高級ブランドを築いただけに強さと強烈な個性と優雅さを感じさせる言葉ばかりです。特に「公爵夫人はほかにもいたけれど、ココ・シャネルはただひとり。」はあまりにかっこよくてほれぼれしてしまいます。

 

ココシャネル 名言格言ココ・シャネル(フランス語: Coco Chanel、1883年8月19日 – 1971年1月10日)は、20世紀に活動したフランスのファッションデザイナー。20世紀を代表するファッションデザイナーのひとりで、ファッションブランド「シャネル」の創業者

シャネルは、コルセットが多用されていた1910年代-1920年代の女性服に対して抱いていた「どうして女は窮屈な服装に耐えなければならないのか」という積年の疑問への回答として、愛人であったウェストミンスター公爵の故郷であるイギリスの紳士服の仕立てや素材を女性服に応用し、スポーティでシンプルなデザインの「シャネル・スーツ」を生み出した。

ファッションブランドとしてのシャネルはブランドレディース商品を中心に展開しており、服飾・化粧品・香水・宝飾品・時計と展開分野は幅広い。ウーマン・リブ的な「古い価値観にとらわれない女性像」がブランドポリシー。喪服用途であった黒い服を「リトル・ブラック・ドレス」として広汎的に広め、また自立した働く女性のためのジャージ素材、ツイード素材のスーツを打ち出すなどファッションの歴史を次々と刷新していった。

はてなブックマーク - 流行は色褪せるけどスタイルだけは不変なの。ココ・シャネルの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket