充実した一生は幸福な死をもたらす。レオナルド・ダ・ヴィンチの名言

レオナルド・ダ・ヴィンチ 名言格言

ルネサンス期を代表する博学者であり「飽くなき探究心」と「尽きることのない独創性」を兼ね備えた人物

 

シンプルさは究極の洗練である。

 

鉄が使用せずして錆び 水が腐りまたは寒中に凍るように 才能も用いずしては損なわれる

 

その手に魂が込められなければ、芸術は生まれない。

 

経験こそ立派な先生だ。

 

自然は自己の法則を破らない。

 

このところずっと、私は生き方を学んでいるつもりだったが、最初からずっと、死に方を学んでいたのだ。

 

一日で金持ちになりたいと思うものは一年で首を吊られる。

 

老いてからの欠乏を補うのに十分なものを青年時代に獲得しておけ。老年が食物として必要なのは「知恵」である。そのことを知る者は(知恵の)栄養不足にならぬよう、若いうちに努力せよ。

 

つねに恐れつつ進まぬ者は、数々の侮辱(ぶじょく)にあい、しばしば悔いることになる。

 

美しいものと醜いものはともにあると互いに引き立て合う。

 

スポンサーリンク

 

人間はやり通す力があるかないかによってのみ、称賛、又は非難に値する

 

顔に人間の性格、人間の癖や性質を部分的に示す特徴が見られるというのは真実である。

 

猫は、どんなに小さくても最高傑作である。

 

精神は、鍛錬なしには堕落する。

 

あらゆるものの部分はそれ自身のうちに全体の性質を保っている。

 

目は魂の窓である。

 

充実した一日が幸せな眠りをもたらすように、充実した一生は幸福な死をもたらす。

 

大いなる苦悩なくしては、如何なる完成せる才能もあり得ない。

 

ブログ管理人のコメント
短い言葉の中にも真理を見通す力が宿った名言ばかりです。また、言葉自体がどこか芸術的であったり、「猫は、どんなに小さくても最高傑作である。」といった共感できるユーモラスな言葉もありますね。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ 名言格言レオナルド・ダ・ヴィンチ (伊: Leonardo da Vinci 1452年4月15日 – 1519年5月2日(ユリウス暦))は、イタリアのルネサンス期を代表する芸術家。

絵画、彫刻、建築、音楽、科学、数学、工学、発明、解剖学、地学、地誌学、植物学など様々な分野に顕著な業績を残し、「万能人 (uomo universale )」 と異名などで親しまれている。

レオナルドは多才な人物だったが、存命中から現在にいたるまで、画家としての名声がもっとも高い。とくに、その絵画作品中もっとも有名でもっとも多くのパロディ画が制作された肖像画『モナ・リザ』と、もっとも多くの複製画や模写が描かれた宗教画『最後の晩餐』に比肩しうる絵画作品は、ミケランジェロ・ブオナローティが描いた『アダムの創造』以外には存在しないといわれている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました