真に貧しい者としてとどまっているのは知性のない者だけ。ユダヤ人の名言1

ユダヤ人 名言格言言葉

ユダヤ人に伝わる名言と格言とことわざ

 

幸福に恵まれるために知恵はいらない。
しかし、この幸福を活かすためには知恵がいる。

 

あいまいな友であるよりも、はっきりとした敵であれ。

 

苦痛に応じて報いがある。

 

スポンサーリンク

 

人が偉大になればなるほど、その悪しき傾向はますます大きくなる。

 

人は自分の町では「評判」によって判断され よその町では「衣服」によって判断される

 

豊かな人とは自分の持っているもので、満足できる人のことである。

 

真に貧しい者としてとどまっているのは、知性のない者だけ

 

人は自分が考えるような人生を生きている。

 

貧乏人と病人の忠告にはいつも真意がある

 

出会った人全てからなにかを学べる人こそ、世の中でもっとも賢い。

 

最も大切な事は、研究ではなく、実行である。

 

愚か者にとって老年は冬である。賢者にとって老年は黄金期である。

 

人には口が一つなのに、耳は二つあるのは何故か。
それは自分が話す倍だけ他人の話を聞かなければならないからだ。

 

毎日新しいことが起こる。これは神の贈り物である。
人間も毎日生まれ変わる。だから、あきらめてはならない。

 

成功の半分は忍耐だ。

 

自分が一番困難な時に側にいてくれる人こそ、本当の友である。

 

金をなくしても、何も失わない。
誇りをなくせば、多くを失う。
勇気をなくせば、すべてを失う。

 

自信を持つことは、勝利を半分手にしたようなものだ。

 

人生では、時には愚か者を演じなければならない時がある。

 

賢い男は、よく考えるからしゃべる暇がない。愚かな男は、よくしゃべるから考える暇がない。

 

利害関係ができたときにはじめて、友人かどうかが分かる

 

果物をたくさん実らせた木は風に揺れない

 

金持ちになる方法は一つある。
明日やる仕事を今日やり、今日食べるものを明日食べること。

 

殴られた痛みはいつかなくなるが、侮辱された言葉は永遠にのこる。

 

豚は食べ過ぎる。苦しんでいる人間は話しすぎる。賢者は、自分が何を話しているのか知っており、愚かな者は、自分の知っている事を話す。

 

もしあなたの周囲に傑出した人がいないなら、あなたがならなければならない。

 

ブログ管理人のコメント
ユダヤ人は知的能力に優れた民族として知られており、「他人の話をよく聞くこと」「よく考えること」の重要性がことわざや言い伝えの中で繰り返し説かれています。しゃべりすぎてボロを出しかねないという状況よりも、口を閉じてじっと耳を澄ませて色々なことを聞き取る方が得だと思います。パート2も合わせてどうぞ。

 

ユダヤ人 名言格言ことわざヘブライ人とも呼ばれる。前 2000年頃からパレスチナ地方に定着し,ユダヤ教を発展させた民族。その後世界各地に離散し,混血を重ねたため,形質的にはさまざまであるが,地中海人種とアルプス人種の特徴を示す者が多い。

「ユダヤ人はユダヤ教を信仰する人々である」という定義は古代・中世にはあてはまるが、近代以降ではユダヤ人の家系でキリスト教に改宗した人々も無神論者のユダヤ人も「ユダヤ人」とみなされることが多い。なお、イスラエル国内においてユダヤ教を信仰していない者は、Israeli(イスラエル人)である。2010年現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ人が存在する。民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。

多くのユダヤ人(第2世代、第3世代を含めて)が大成功を収めている。例をあげるとノーベル経済学賞の受賞者のうち、実に40%がユダヤ人という事実、全米に居住するユダヤ人の平均所得は米国平均の約2倍、弁護士や医者、大学教授の多くがユダヤ人という事実は、ユダヤ人は少数派であるが「抜群に思考能力の発達した民族」ということが言える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました