「絵になる風景」を探すな。よく見るとどんな自然でも美しい。ゴッホの名言

ゴッホ 名言格言

オランダ出身でポスト印象派(後期印象派)の画家

 

偉業は一時的な衝動でなされるものではなく、小さなことの積み重ねによって成し遂げられるのだ。

 

たとえこの人生が負け戦であろうと、いずれにせよ僕は「良い戦い」をしたい。

 

何も後悔することがなければ、人生はとても空虚なものになるだろう。

 

美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ。

 

一番美しい絵は、寝床のなかでパイプをくゆらしながら夢見て、決して実現しない絵だ。

 

直観力と想像力を、抑え込んではならない。

 

絵を描くのは、人生に耐えるための手段だ。泣かないでくれ。ぼくがしてきたことは、ぼくたちにとっていちばんいいことなんだ。どうしようもないんだ、ぼくはこの憂鬱から絶対に逃れられない。

 

私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい。

 

私はいつも、まだ自分ができないことをする。そのやり方を学ぶために。

 

大事は寄せ集められた小事によってなされる

 

スポンサーリンク

 

色彩は、それ自体が、何かを表現している。

 

常に悲しみを要求する人生に対して、僕らにできる最上のことは、小さな不幸を滑稽だと思い、また大きな悲しみをも笑い飛ばすことだ。

 

与えようとばかりして、貰おうとしなかった。なんと愚かな、間違った、誇張された、高慢な、短気な恋愛ではなかったか。ただ相手に与えるだけではいけない。相手からも貰わなくては。

 

僕の人生はそれほど長くないだろう。だから僕は一つのことしか目に入らない無知な人となって仕事をするつもりだ。ここ数年のうちに何がしかの仕事をやりとげてみせる。

 

虫だって光の好きなのと嫌いなのと二通りあるんだ!人間だって同じだよ、皆が皆明るいなんて不自然さ!

 

人問は毅然として現実の運命に耐えていくべきだ。そこに一切の真理がひそんでいる。

 

「絵になる風景」を探すな。よく見ると、どんな自然でも美しい。

 

ブログ管理人のコメント
死語に価値を評価され、生前は不遇の連続の人生だったゴッホの言葉には前に進もうとする意思と悲しみの両方がにじんでいます。芸術で身を立てるのはいつの時代も大変なのだと思い知らされます。

 

ゴッホ 名言格言フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh、1853年3月30日 – 1890年7月29日)は、オランダ出身でポスト印象派(後期印象派)の画家。主要作品の多くは1886年以降のフランス居住時代、特にアルル時代(1888年 – 1889年5月)とサン=レミの精神病院での療養時代(1889年5月 – 1890年5月)に制作された。

彼の作品は感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派の代表的画家である。フォーヴィスムやドイツ表現主義など、20世紀の美術にも大きな影響を及ぼした。

生前に売れた絵はたった1枚「赤い葡萄畑」だったと言われているが、晩年には彼を高く評価する評論が現れていた。彼の死後、回顧展の開催、書簡集や伝記の出版などを通じて急速に知名度が上がるにつれ、市場での作品の評価も急騰した。彼の生涯は多くの伝記や『炎の人ゴッホ』に代表される小説・映画などで描かれ、「情熱的な画家」、「狂気の天才」といった幻想的イメージをもって語られるようになった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました