……人生相談が、あるの。俺の妹がこんなに可愛いわけがないの名言

俺の妹がこんなに可愛いわけがない俺妹 名言格言セリフ

伏見つかさによるライトノベル

 

学校やモデルで頑張るのも、アニメやゲームに夢中になるのも、両方が私なの。どっちかやめちゃったら、私が私でなくなっちゃう

 

知ってるよね?桐乃は知ってたはずだよね?わたしがウソ吐かれるの大嫌いだってこと。ウソ吐く人が大嫌いだってこと!

 

つか、加奈子が言ってたじゃん。あたしたちが並んでても、恋人になんか見えないって

 

好きよ。あなたの妹があなたを好きなぐらいには。

 

スポンサーリンク

 

ごくごく薄い妖気の膜を張って、太陽の光や熱気から身を護っているのよ

 

妹とエ口ゲーは出来るくせに、私とノベルゲームは出来ないの?

 

ああ、だから、いま分かってんのは一つだけだ。
桐乃は、一度だって、そんなふうに呼んでくれたことはないけどな……
俺は、あいつの兄貴なんだ。
大キレーだろうが、どうでもよかろうが、クソ生意気でかわいくなかろうが。
妹は、助けてやんなくちゃならんだろうよ。
そうだろう?

 

とにかく、アレは俺のなんだって! 高校生だって、エ口本くらい持ってたっていいだろ!?
お袋だって、ベッドの下のコレクション、持ってていいって認めてくれてるもん!
そのゲームだってエ口本と同じようなもんだろが! なんか違いあんのかよ!? えぇオイっ! ねーよなぁ!?
だからゼッテー捨てねぇ――よ! ふヘアはは! 誰になんと言われようがな、命を懸けて護り抜くぜ!
よっく聞けよ、親父。俺はなあ、アニメも、エ口ゲーも、超・大・好き・だぁ――――っ! 愛していると言ってもいいね!
こいつを捨てられたら、俺は俺でなくなっちまうんだよ! エ口ゲーは俺の魂なんだよ……っ!
分かったかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ――――――っ!

 

ありがとね、兄貴

 

それがなに? たいした問題ではないでしょう。
魔界に帰ったわけでなし、地獄に堕ちたわけでなし。
ただ連絡が取れないだけ。
いる場所が分かっていて、行く方法があって、心配する気持ちを自覚していて――あとはなにが足りないと?あなたは本当に、本当に本当に―――
どうしようもない最低のヘタレだわ、先輩。
愚図でノロマで察しが悪くて、ス,ケベで莫迦で怠惰でク.ズで――
そのくせ妙に優しくて。
妹同様性質が悪い。よく似た兄妹よ、まったくね。

 

キッズアニメなめんなよ!

 

この邪気眼電波系女が

 

あ~~~、なんだ……その紙袋の中身が、いま、ちらっと見えた。
何を隠そう、オレも同じゲームを買った。vol.1からずっと買い続け、今回も長いこと楽しみにしていた大好きなシリーズだ。ファンなら誰でもそうだろうが、愛していると言ってもいい。
この日のために、バイトを辞める覚悟で休みを取った。定期預金を解約して、ファナたんのチャリとジャケットもオーダーメイドした。発売日にはこうして深夜販売に並び、買ったあとは断固として携帯の電源を切り、一秒たりとも無駄にはせず、たとえ世界が終わろうとも最後の一時まで命を懸けて愉しむつもりだった。
だから……俺は信じてるのさ。このゲームが好きなヤツに、断じて悪いヤツはいないってな。
そっちの事情は知らないが、オレたちは同志だ。水くさいことを言うなって。
……行けよ、兄弟。
おまえにも、命を懸けてやらねばならんことがあるのだろう?

 

桐乃はがんばって友達見つけたんだよ!良く知りもしねえのにくだらんて決めつけんなよっ

 

あんたのことも、エ口ゲーと同じくらい好き!!
ウソじゃないっ! なんで分かんないの!? どっちか選べるくらいだったら最初から悩んでない!
学校の友達も! オタク趣味も! どっちも凄く大事で、大切で、捨てられないからこんなんなっちゃってんでしょうが!

 

キモ! キモッ! 超キモッ!

 

このアルバムで家族と一緒に笑ってる桐乃も……モデルの仕事で、流行の服着て、格好良くポーズを決めてる桐乃も。
オフ会でオタク友達と並んで、しかめっ面で騒いでる桐乃も――この全部が桐乃なんだよ! 全部があって、初めてアイツなんだよ!
一つでもかけたら、アイツじゃなくなっちまうんだよっ!

 

……人生相談が、あるの

 

あたしは、やめない。好きなのを、やめない。前にアンタに言ったじゃん。両方があたしなんだって。
どっちか一つなくなっちゃったら……やめちゃったら、あたしがあたしじゃなくなるの。
確かに、あたしは子供だし、お父さんの言うことは聞かなくちゃいけないと思う。それが当たり前だし、抵抗なんてできないと思う。
……でも、もしも、全部捨てられて……なくなっちゃっても。いままでのあたしが、なかったことになるわけじゃ、ないから。
……だから、好きでいることだけは、絶対、やめない

 

うん、えっと、その……言い辛いんだケドさ
――あんた、あたしの彼氏になってよ
あんたのこと……今日は〝京介〟って呼ぶから
だって、その方が……恋人っぽいじゃん?

 

ぜんぜん違う! 恋愛シミュってゲームとしては面白いけど、リアル恋愛と比べたらぶっちゃけ超イージーモードみたいなもんだから!

 

仲間がいれば、私はまだまだ頑張れるのよ。最近分かったことだけど

 

お願いだから返して頂戴。
……それはね、私たちの努力が報われないからといって、どんなに悔しくてねたましくて気に喰わないからといって、どうにかしていいものではないのよ。
私のことは幾らでも好きに言うがいいわ、だけど、自分がいままでやってきたことを冒涜するのはやめて頂戴。でないと………………本当に呪い殺すわよ

 

……何度も言うけど、私は友達が少ないのよ。……ククク……我が〝呪い〟から、逃れられるとは思わないことね

 

桐乃のためならわたし……加奈子だって殺せるよ!!

 

……なんのことだか分かりませぬが――ふふ、拙者はそれほどできた人間ではござらんよ?
拙者はいつも、自分がやりたいと思うことを自分勝手にやっているだけに過ぎませぬゆえ。
……それでもそう思われるのであれば、それはおそらく、京介氏自身が『いいやつ』であるからでしょう。他人は鏡というではありませんか?

 

拙者が思うに、夏コミというお祭りは、参加者一人一人が能動的に楽しむものなのですよ。
ですから、たとえば遊園地のように『客を積極的に楽しませる何かが用意されている』というものではないのですな。
極端なことを申し上げますと、漫画もアニメもゲームも好きでない人がこのイベント参加したとしても、
きっと何一つ楽しいことなどありはしませんし――同様に、行けばそこに面白いものがあるだろうと軽い物見遊山の気分で参加しても、
やはり楽しむことはできますまい

 

……ばかじゃん? 二次元と三次元を一緒にしないでよ。ゲームはゲーム、リアルはリアルなの。
大体さー、現実に、兄のことを好きな妹なんているわけないでしょ?

 

……じゃっ、邪気眼……ででで電波女ですって……? ク、クククク……ついに言ってはならないことを言ってしまったわね……。
あ~あ。かわいそうに、どうなってもしらないわよ……後悔してももう手遅れ。もはやこの負の想念は、私自身にも止められはしない……

 

私はあなたの妹の代用品ではないわ。莫迦にしないで頂戴

 

……いいお兄さんね。とても羨ましいわ

 

桐乃の趣味は、俺たち兄妹の仲を、ぶっ壊れた絆を繋いでくれたんだよ。あのときアレを見付けなけりゃあ、俺たちの関係はずっと冷めきったままだった。
一番そばにいた妹のことを、助けてやるこたあできなかった。カンケーねえってそっぽ向いたまま、妹が泣くのを眺めているしかなかったんだ……!
だから俺は心底感謝してるぜ! てめえが穢らわしいと抜かしたオタク趣味全部にな! こいつがあったからこそ、俺たちは初めて本当の兄妹になれたんだ!
泣いている妹を見たとき、カンケーねえなんてク.ソな言い訳をしなくて済むようになったんだ! ……この想いを、誰だろうと否定されてたまるかよ。
ウソなんかじゃねえ、これは俺たちの〝愛の証〟なんだ!
いいか、よく聞け、俺はなあ――
妹が、大ッッ……好きだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ――――っ!

 

ブログ管理人のコメント
現代のオタク文化が一望できるストーリー内容と魅力的なキャラで大人気の俺妹。言っていることは少々常軌を逸しつつも、魂のこもった言葉は胸を打ちます。ブログ管理人は邪気眼で中二病だけれど友達思いの黒猫と、妹を守るためなら自らが傷つくこともいとわない覚悟をもつ京介が好き。

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない俺妹 名言言葉文章『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(おれのいもうとがこんなにかわいいわけがない)とは、伏見つかさによる日本のライトノベル。イラストはかんざきひろが担当している。電撃文庫(アスキー・メディアワークス)より、2008年8月から2013年6月まで刊行された。全12巻。本作を原作とする漫画、ドラマCD、アニメ、ゲームなどのメディアミックス展開が行われている。

企画時は決して大ヒットを狙った作品ではなく、著者である伏見つかさはこれが人生で最後に出版する作品になる覚悟で書いたと述べており、実際に発売前は電撃文庫での扱いも小さかったというが、発売後間もなく、インターネット上では実在の個人ニュースサイトが作中に登場することが大きな話題となった。アニメ化が発表された2010年5月時点ではシリーズ累計で公称120万部を売り上げ、2013年6月時点での累計発行部数は500万部である。

ごく平凡な高校生である主人公の高坂京介には、美人で垢抜けた桐乃という妹がいる。しかし桐乃はいつも京介を見下したような態度をとっており、京介もそんな桐乃とは関わりたくないので、お互いにほとんど会話を交わすことのない日々を送ってきた。ところがある日、京介が偶然にも桐乃の「秘密の趣味」を知ってしまい・・・・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました