アインシュタイン 名言格言

ドイツ生まれのユダヤ人の理論物理学者 20世紀最大の物理学者とも、現代物理学の父とも呼ばれる

 

狂気。それは、同じ事を繰り返し行い、違う結果を予期すること

 

私は頭が良いわけではない。ただ人よりも長い時間、問題と向き合うようにしているだけである。

 

想像力は、知識よりも大切だ。知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む。

 

ゲームのルールを知ることが大事だ。そしてルールを学んだあとは、誰よりも上手にプレイするだけだ。

 

重要なことは、疑問を止めないことである。探究心は、それ自身に存在の意味を持っている。

 

大切なのは、疑問を持ち続けることだ。神聖な好奇心を失ってはならない。

 

過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである。

 

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。

 

何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。

 

学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる。

 

スポンサーリンク

 

知的な馬鹿は、物事を複雑にする傾向があります。それとは反対の方向に進むためには、少しの才能と多くの勇気が必要です。

 

人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない。

 

可愛い女の子と一時間一緒にいると、一分しか経っていないように思える。熱いストーブの上に一分座らせられたら、どんな一時間よりも長いはずだ。相対性とはそれである。

 

無限なものは二つあります。宇宙と人間の愚かさです。前者は断言できませんが。

 

称賛による堕落から逃れる方法はただひとつ。仕事を続けることである。人は立ち止まって称賛に耳を傾けがちであるが、唯一成すべきは、称賛から目をそらし、仕事を続けること。それ以外の方法はない。

 

一見して馬鹿げていないアイデアは見込みがない。

 

私にはよいアイデアが浮かびますが、他の人もそうです。ただ私の場合、幸運だったのはそのアイディアが受け入れられたということです。

 

私たちの生き方には二通りしかない。奇跡など全く起こらないかのように生きるか、すべてが奇跡であるかのように生きるかである。

 

ブログ管理人のコメント
世紀の天才でありながら、考えること・学ぶことの楽しさと大切さを説くアインシュタインはまるで子どものようで、誰でも彼のように知的な生き方ができるのだと思わせてくれます。

 

アインシュタイン 名言格言アルベルト・アインシュタイン(独: Albert Einstein、1879年3月14日 – 1955年4月18日)は、ドイツ生まれのユダヤ人の理論物理学者。

特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により、20世紀最大の物理学者とも、現代物理学の父とも呼ばれる。特に彼の特殊相対性理論と一般相対性理論が有名だが、光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した。

数多くの業績のほか、世界中に広くその存在が認知されており、しばしば天才の代名詞としても引き合いに出される。1999年、アメリカのニュース週刊誌『タイム』は、アルベルトを『パーソン・オブ・ザ・センチュリー』(20世紀の人)に選出した。

はてなブックマーク - 大切なのは疑問を持ち続けることだ。アインシュタインの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket