アントニオ猪木 名言格言

日本の元プロレスラー 実業家 政治家

 

いろんな体験をせよ。多少無茶でもいい。

 

いつか見てろよ、という立ち向かう姿勢が大事。

 

元気が一番、元気があれば何でもできる

 

スポンサーリンク

 

悩みながらたどり着いた結論は、やはりトレーニングしかない

 

「世の中で自分が必要とされたい」って思ったら、まず笑え。

 

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかる

 

花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ

 

道はどんなに険しくとも、笑いながら歩こうぜ。

 

子供に夢を持たせたければ、大人こそ夢を持て。

 

馬鹿になれ とことん馬鹿になれ 恥をかけ とことん恥をかけ かいてかいて恥かいて 裸になったら見えてくる 本当の自分が見えてくる 本当の自分も笑ってた それくらい 馬鹿になれ

 

出る前に負けること考えるバカがいるかよ

 

一生懸命やっている人を小馬鹿にするのは、自分がかなわないから笑うことで逃げているのだ

 

派手に見えれば見えるほど、裏で地味な努力をしているのがあらゆる世界のプロだ

 

ちっちゃなケンカをするたび、スケールが小さくなる。

 

「世の中で自分が必要とされたい」って思ったら、まず笑え

 

どうってことねえよ

 

人は歩みを止めた時に、そして、挑戦をあきらめた時に年老いていくのだと思います。

 

自分の気持ちに正直に振る舞えば心地よくなれる

 

ブログ管理人のコメント
短く力強い言葉の中に親しみやすさと勇気があふれています。「元気が一番、元気があれば何でもできる」まったくその通りですね。あれこれ悩む前に、まず元気を出していきましょう。

 

アントニオ猪木 名言格言アントニオ 猪木(アントニオ いのき、英: Antonio Inoki, 1943年2月20日 – )は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。

日本を元気にする会所属の参議院議員(2期)、日本を元気にする会最高顧問。本名:旧リングネーム:猪木 寛至(いのき かんじ)。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂」(当初は「燃ゆる闘魂」)。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」

ジャイアント馬場らと共に、日本のプロレス黄金時代を築いたレスラーの一人。やることが常人の遙か斜め上を行くスケールの大きさが多くの人に影響を与え、いまだ根強い人気がある。とにかく目立ちたがり屋でトラブルメーカーだが、袂を分かったはずの人もいつの間にか仲直りしたりと、非常に魅力的な人間であることは間違いない。

はてなブックマーク - 元気が一番、元気があれば何でもできる。アントニオ猪木の名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket