イチロー鈴木一郎 名言格言

日本のプロ野球選手 MLBのシーズン最多安打記録や10年連続200安打などの多数の記録保持者

 

少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事。

 

憧れを持ちすぎて、自分の可能性を潰してしまう人はたくさんいます。自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性は広がると思います。

 

特別なことをするために特別なことをするのではない、特別なことをするために普段どおりの当たり前のことをする。

 

スポンサーリンク

 

僕は決して「打率4割」とは言わないんです。6割の失敗は許してやるわ、と。いつもそう言っているんです。

 

夢は近づくと目標に変わる。

 

ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道

 

自分が全く予想しない球が来たときにどう対応するか。それが大事です。試合では打ちたい球は来ない。好きな球を待っていたのでは終わってしまいます。

 

進化するときっていうのは、カタチはあんまり変わらない。だけど、見えないところが変わっている。それがほんとの進化じゃないですかね。

 

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

 

今自分がやっていることが好きであるかどうか。それさえあれば自分を磨こうとするし、常に前に進もうとする自分がいるはず。

 

夢を掴むことというのは一気には出来ません。小さなことを積み重ねることでいつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます。

 

自分がわからないことに遭遇するときや、知らないことに出会ったときに、「お、自分はまだまだいける」と思います。

 

考える労力を惜しむと、前に進むことを止めてしまうことになります。

 

大切なのは、自分の持っているものを活かすこと。そう考えられるようになると、可能性が広がっていく。

 

壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

 

打てない時期にこそ、勇気を持ってなるべくバットから離れるべきです。勇気を持ってバットから離れないと、もっと怖くなるときがあります。そういう時期にどうやって気分転換をするかは、すごく大事なことです。

 

びっくりするような好プレイが、勝ちに結びつくことは少ないです。確実にこなさないといけないプレイを確実にこなせるチームは強いと思います。

 

苦しみを背負いながら、毎日小さなことを積み重ねて、記録を達成した。苦しいけれど、同時にドキドキ、ワクワクしながら挑戦することが、勝負の世界の醍醐味だ。

 

ブログ管理人のコメント
単調な努力や苦境さえも楽しみながら一歩ずつ前に進んでいくからこそ、イチローの輝かしい戦績が軌跡のようにずっと続いていく。そんな風に思えます。

 

イチロー鈴木一郎 名言格言イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日 – )は、愛知県西春日井郡豊山町出身のプロ野球選手(外野手)。マイアミ・マーリンズ所属。他表現では「Ichiro」「Ichiro Suzuki」「イチロー・スズキ」など。NPB・MLBの双方で活躍。MLBのシーズン最多安打記録や10年連続200安打などの多数の記録を保持している。

日本での愛称は「イチ」「天才バッター」。アメリカ合衆国での愛称は「魔法使い(Wizard)」「安打製造機(Hit Machine/Hitting Machine)」など

走攻守の三拍子が高いレベルで揃っているプレイヤーで、特に守備における強肩には日本でプレイしていた頃から定評があった。とにかくヒットを打つ事にこだわりがあり、加算される安打数に対して、数値が上下に変動する打率には特に拘ってはいない。

はてなブックマーク - 夢は近づくと目標に変わる。イチローこと鈴木一郎の名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket