撃っていいのは撃たれる覚悟がある者だけだ!コードギアスの名言

コードギアス 名言格言

サンライズ制作の日本のSFロボットアニメ

 

そうだ、俺が間違っていた。情けなどに頼ろうとしたのがいけなかったのだ。冷徹、非情。自らを完全な状態に置かねば、ナナリーは取り返せないんだ

 

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる。貴様達は、死ね

 

あの日から、俺はずっと望んでいたのかもしれない。あらゆる破壊と喪失を。そう、創造の前には破壊が必要だ。そのために心が邪魔になるのなら、消し去ってしまえば良い。そうだ、俺はもう進むしかない。

 

戦とはな、誇りと命の奪い合いだ

 

撃っていいのは撃たれる覚悟がある者だけだ!

 

王様から動かないと、部下がついてこないだろ?

 

スポンサーリンク

 

ルル、死んで。罪を償おう、私も一緒に死んであげるから

 

教えてやろう。大人の世界ではな、正しいことに価値はないんだよ

 

それは頼もしい…しかし残念ながら私は既に悪魔と契約してしまった・・・今さら神とは仲良く出来ませんよ

 

何もしない人生なんて、ただ生きているだけの命なんて、緩やかな死と同じだ

 

俺は人々の願いという名のギアスにかかる。世界の明日の為に

 

日本人を名乗るみなさん、お願いがあります。死んでいただけないでしょうか?

 

スザク、私を好きになりなさい!その代わり、私があなたを大好きになります

 

失くしてから、始めてわかることってあるんですね 自分がどれだけ、彼女の笑顔に救われてきたかって もう、あんな風に口喧嘩することも、笑い合うことも出来ないんだなって

 

人は平等ではない。
生まれつき足の速い者、美しい者、親が貧しい者、病弱な身体を持つ者。
生まれも育ちも才能も、人間はみな違っておるのだ。
そう、人は差別されるためにある。だからこそ人は争い、競い合い、そこに進歩が生まれる。
不平等は悪ではない。平等こそが悪なのだ。
権利を平等にしたEUはどうだ?人気取りの衆愚政治に堕しておる。
富を平等にした中華連邦は怠け者ばかり。
だが、我がブリタニアはそうではない。争い競い、常に進化を続けておる。
ブリタニアだけが前へ、未来へと進んでいるのだ。
我が息子クロヴィスの死も、ブリタニアが進化を続けているという証。
戦うのだ!競い、奪い、獲得し、支配しろ。その果てに未来がある!!
オール・ハイル・ブリタニア!!!!

 

一つ一つは我慢できることでも、積み重なれば、いつか擦りきれてしまうものよ

 

やり遂げる決意が必要だ。これは命を懸けたゲームなんだからな

 

勝てない戦と負け戦は別物だ。心得ているようだな、ゼロ。

 

これ以上、誰も失わないためにも、力を手に入れる…!

 

ブログ管理人のコメント
戦場における決意・覚悟・真理を説いた名言が多い作品です。「競い、奪い、獲得し、支配しろ。その果てに未来がある!!」という言葉は経済戦争でのシェアの独占が経営戦略上の正義であることを示唆しているように思われます。

 

コードギアス 名言格言『コードギアス 反逆のルルーシュ』(コードギアス はんぎゃくのルルーシュ、CODE GEASS Lelouch of the Rebellion)は、サンライズ制作の日本のSFロボットアニメ。2006年10月よりMBSほか10局で放送され、2007年9月以降TBS系列16局の放送で、地上波26局のネットとなり、BS-iでも放送された。2008年4月より続編となる『コードギアス 反逆のルルーシュR2』がMBS製作・TBS系列日曜夕方5時枠全国ネットで放送された。

本作は、現実とは異なる歴史を辿った架空の世界において、世界の3分の1を支配する超大国「神聖ブリタニア帝国」に対し、一人の少年が野望を抱き戦いを起こす物語である。舞台は、神聖ブリタニア帝国の植民地とされ、呼称が「日本」から「エリア11」に、「日本人」から「イレヴン」と変わった近未来の日本となっている。

主人公であるルルーシュは、母の復讐と妹の未来のため、いかなる手段を使っても帝国への反逆を遂行する。これまでのアニメ作品ではあまり無い、主人公の立ち位置が悪役側となるアンチヒーローであり、その敵役となるのは「正しい力でもって中から帝国を変えたい」と模索する、ルルーシュの親友である枢木スザクである。 主人公と敵役の信念や戦い方がよくある物語の構造と逆転しており、悪役側に立つルルーシュ視点から世界を見ることで、単純な正義と悪の話ではないことが分かる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました