「仲間がいたのか…」 「…友達だ」 魔法少女リリカルなのはA’Sの名言

魔法少女リリカルなのはA'Sエース 名言格言セリフ

『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の第2期の作品

 

「悪魔め………」
「悪魔で………いいよ………
悪魔らしいやり方で、話を聞いてもらうから!!」

 

いきなり襲い掛かられる覚えはないんだけど
どこの娘? 一体なんでこんな事するのッ?
教えてくれなきゃッ! 分からないってばぁッ!!

 

悲しみなど無い?
そんな言葉を、そんな悲しい顔で言ったって……誰が信じるもんか!!

 

スポンサーリンク

 

「仲間がいたのか…」
「…友達だ」

 

「レヴァンティン、私の甲冑を…」
「Panzer Geist!!」

 

レイジングハート、エクセリオンモード、ドライブ!
繰り返される悲しみも、悪い夢も、きっと終わらせられる!

 

「…どうしたヴィータ、油断でもしたか?」
「うるせーよ、こっから逆転する所だったんだ」
「そうか、それは邪魔したな。すまなかった…
だがあまり無茶はするな、お前がケガでもしたら我が主も心配する」
「わ~ってるよ、もうっ ん~」
「…それから落し物だ」
「あっ…?!」
「破損は直しておいた…」
「ありがとう、…シグナム」

 

なのは 「リリカル、マジカル」
フェイト 「がんばります……」

 

く.そッ、ブッ潰すだけなら簡単なんだけど
それじゃ意味ね~んだ、魔力を持って帰らないと
カードリッジ残り2発、やれっか…?

 

「んぅ~? ユーノ君とアルフはこっちではその姿か」
「新形態『こいぬフォーム』」
「なのはやフェイトの友達の前ではこの姿でないと」

 

アリサ 「あー、また二人でベタベタしてるー」
すずか 「今日はなんのお話?」
フェイト 「ああ、ええと…いろいろと」
なのは 「あははは」

 

「強壮型の捕獲結界、ヴィータたちは閉じ込められたか…」
「Wahlen Sie Aktion!(行動の選択を)」
「レヴァンティン、お前の主はここで引くような騎士だったか?」
「Nein.(否)」
「そうだレヴァンティン、私達は今までもずっとそうしてきた」

 

みんなのお洋服買ぅてくるから、サイズ測らせてな?

 

全力全開、手加減なしで!

 

「こんな出会いをしていなければ………
私とお前は、いったいどれほどの友になれただろうか」
「まだ………間に合います!」
「止まれん………
我等守護騎士、主の笑顔のためならば、騎士の誇りさえ捨てると決めた。
もう………止まれんのだ!!」
「止めます、私とバルディッシュが!!」
「Yes Sir」

 

「我が主もあの子も、覚めること無い眠りのうちに終わりなき夢を見る。
生と死の狭間の夢、それは永遠だ」
「永遠なんて、ないよ。
みんな変わってく、変わっていかなきゃいけないんだ。
私も………あなたも!」

 

「一つ覚えの砲撃、通ると思ってか」
「通す!! レイジングハートが力をくれてる!!
命と心をかけて答えてくれてる!!
泣いてる子を、救ってあげてって!!」

 

「ック! ブチ抜けェェェーーーーーーーッ!!」
「Jawohl」

 

ドライブ、イグニッショ~ン

 

「今日の戦闘か…?」
「敏いな、その通りだ」
「お前の鎧を撃ち抜いたのか…」
「澄んだ太刀筋だった、良い師に学んだのだろうな
武器の差が無ければ、少々苦戦したかもしれん」
「だが、それでもお前は負けないだろう」
「そうだな…」

 

「強いな、テスタロッサ」
Schwert Form
「それに、バルディッシュ」
Thank you
「あなたとレヴァンティンも、シグナム」
Danke!!
「この身に、成さねばならぬ事が無ければ、心躍る戦いだったはずだが
仲間達と我が主のため、今はそうも言っていられない
殺さずに済ます自身がない、この身の未熟を許してくれるか?」
「構いません、勝つのは私ですから…」

 

「モードはそれぞれ3つづつ
レイジングハートは中距離射撃とアクセルと砲撃のバスター
フルドライブのエクセリオンモード
バルディッシュは汎用のアサルト、鎌のハーケン
フルドライブはザンバーフォーム
破損の危険があるから、フルドライブはなるべく使わないように
特に、なのはちゃん」
「ぁ、はい?」
「フレーム強化をするまで、エクセリオンモードは起動させないでね」
「はい…」

 

「ヴィータ」
「っ?!」
「もう袋から出してもええで」
「っは、…わはぁぁ~~
はやて、ありっ… っあ… あっははッ」

 

「ごめんね、アリシア
だけど、私は行かなくちゃ」
「そう………」
「ありがとう、ごめんね、アリシア………」
「いいよ、私はフェイトのお姉さんだもん
待ってるんでしょ、優しくて強い子達が」
「うん………」
「じゃあ、行ってらっしゃいフェイト」
「うん………」
(現実でも、こんな風にいたかったな………)

 

シグナム 「我ら、夜天の主あるじのもとに集いし騎士」
シャマル 「主あるじある限り、我らの魂尽きることなし」
ザフィーナ 「この身に命ある限り、我らは御身のもとにあり」
ヴィータ 「我らの主あるじ、夜天の王、八神はやての名のもとに」

 

「剣の騎士シグナムが魂、炎の魔剣レヴァンティン
刃と連結刃に続くもう一つの姿」
「Bogenform!」
「翔けよ!隼!」
「Sturmfalken!」

 

「グラーフアイゼンッ! カードリッジロードッ!!」
「Explosion
Raketen Form」

 

ク.ソぉ はやてに貰った騎士服、こんなにグチャボロにしやがって…

 

「願いを叶えるだけ!? そんな願いを叶えて………それで、はやてちゃんはほんとに喜ぶの!?
心を閉ざして………何も考えずに、主の願いを叶えるための道具でいて
あなたは、それでいいの!?」
「我は魔道書、ただの道具だ………」
「だけど、言葉を使えるでしょ!! 心があるでしょ!!
そうでなきゃおかしいよ、ほんとに心が無いなら………泣いたりなんかしないよ!!」
「この涙は主の涙、私は道具だ、悲しみなど………無い………」

 

魔導師としての才に恵まれたなのはは、
保有資質や魔力量の多寡で決められる魔導師ランクでおおまかに判断すると、
AAAランクに該当するとされている。
優秀な魔導師揃いの管理局でも
全体の5%にすら満たない、稀有な才能の持ち主である。

 

夜天の主の名において、汝に新たな名前を与える。

強く支える者
幸運の追い風
祝福のエール

──リィンフォース

 

ブログ管理人のコメント
ついに悪魔的存在であることを肯定してしまった高町なのは。改良によりバージョンアップするデバイスや敵側の同情的な背景事情を掘り下げるなど、前作の長所を向上させた傑作です。ブログ管理人はカートリッジシステムを採用した新型デバイスが好き。

 

魔法少女リリカルなのはA'Sエース 名言格言言葉『魔法少女リリカルなのはA’s』(まほうしょうじょリリカルなのはエース、英: Magical girl lyrical Nanoha A’s)は、独立UHF局で2005年10月1日から12月25日にかけて全13話が放送されたテレビアニメ作品。『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の第2期の作品である。略称は『A’s』(エース)。キャッチコピーは「魔法少女、続けてます。」 2012年7月14日に劇場版『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s』が公開された。

テレビアニメ版第1期『魔法少女リリカルなのは』の続編。なお、作品内の時間は前作の約半年後となっている。前作では主人公・高町なのはのライバルでもあったフェイト・テスタロッサが、本作ではなのはの親友として登場する。また、八神はやてとそのはやてに従う守護騎士達・敵か味方かも不明な第3勢力など、新たな主要登場キャラクターが登場する。前作から一転してスピンオフ元である『とらいあんぐるハート3』に由来する設定の影は次第に薄れ、本作から本格的にアニメ独自の方向へと向かっている。前作から登場しているデバイス(本作において「ミッドチルダ式魔法」という体系付けがされた)に対し、「ベルカ式魔法」のデバイスはドイツ語でしゃべり、担当声優にもドイツ語のネイティブスピーカーを採用している。

次元世界を揺るがした「PT事件(プレシア・テスタロッサ事件)」からおよそ半年後の12月。高町なのはは戦いを通じて得た絆を胸に魔法の訓練を続けていた。ある夜、そんな彼女の下に「所属不明の魔導師が急速接近中」との警告が響く。不穏なものを感じながらも、それを迎えるべく家を出るなのは。それが、後に「闇の書事件」と呼ばれるある冬の悲しくも優しい出来事の幕開けだった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました