誤解を恐れずに言えば人の心はお金で買えるのです。堀江貴文の名言

堀江貴文 名言格言言葉

日本の実業家 著述家 株式会社ライブドア元代表取締役社長CEO

 

誤解を恐れずに言えば、人の心はお金で買えるのです。

 

東大に合格したという実績は、ベンチャーを起業するうえでも大いに役に立ちました。僕は在学中に起業しましたが、東大生であるというだけで、少なくともいかがわしい人間ではないと認識してもらうことはできました。これは得でした。もしも、僕が名もない大学の卒業生だったら、起業するのは難しかったでしょう。
もっと言ってしまえば、人間の能力は平準化すれば、学力とほぼ比例します。つまり、学歴が低い人がベンチャーを起業しても、失敗するケースが多いと思います。

 

知名度ではヤフーに勝った。

 

失敗しても命までとられることはない。ゼロになるだけ。

 

満員電車に乗って苦しんでも、いい仕事はできない。職場の近くに住むだけで、集中できる環境が整うのだ。

 

商売の本質は、実はかなり昔から変わっていない。見た目には最新の技術や企画が使われていても、モノやサービスを売るのが基本である。そういう意味で、「歴史に学ぶ」ことは重要である。

 

スポンサーリンク

 

僕の理想は、シンプルに、こだわらず、考えない経営です。複雑に考えずに常に基本に返る。成功している改革はあくまで経営の基本に忠実だからです。その基本とは事実を事実としてありのままに見ること。
これは一見カンタンなようですが、多くの人は自分の思い込みやこだわりに固執してしまうのです。

 

できないことなど、何もないのだ。それに気付けずに、自分の能力はこんなもんだと思い込んでしまい、本当はもっと才能があって、それを育んでいけるはずなのに、小さくまとまってしまう人も結構いるだろう。

 

大衆の7割はバカで無能。

 

もちろん働きたい人はどんどん働けばいい。別に会社に勤めなくても、一人だって働けますし。

 

想定の範囲内です。

 

お金になんて興味がないという人がいます。人生そこそこの生活が出来ればいいんじゃない。お金のために苦労するなんて。と考える人たちです。
そういう人を全否定するわけではありませんが、若い人にはもっと上を目指してほしいのです。近年、ニヒリズム的な人たちが増えている要因の一つとして情報通信の発展により人類のフロンティアがなくなってしまったなどという、もっともらしい理屈を述べる人たちがいます。
しかし、人間は世界のすべてを踏破したなどというのは本当におこがましい話で宇宙どころか地球上、たとえば深海や海中なんかもまだほとんど解明されていないわけです。

 

もっと勉強しないとずる賢い人に騙されちゃいますよ。

 

財布の中身を気にしていても意味がない。お金は、ストレス発散や、おいしい食事など、自分への投資として使ってしまえばいい。

 

時間を効率的に使いながら、24時間、情報をインプットし続けるのだ。すると、未来が見えてくるだろう。

 

経済的に貧しくなると人間は狂気に走ります。

 

とにかくあらゆることを疑ってみる。そうすると、常識なんて意外と不合理なことに気づくはずだ。

 

独立を一度でも経験しておくと、ビジネススキルが飛躍的にアップする。

 

この時代に必要なのは行動と提案。

 

今の若い世代は、さまざまな場面で法律をもっと勉強した方が良い。
それがこの国で委縮せず、落とし穴に落ちないためのルールだ。

 

結局何をやるにしても気合と根性ということになります。ものごとを複雑に考えずにシンプルにやるべきことをやる。東大に入りたければ覚えることをピックアップして単純に暗記すればいい。商売をやっているなら熱心にものを売ればいい。成功の道は本当にこれだけなのです。

 

「面倒くさい」は思考停止した人の、自覚のない敗北宣言だ。

 

社員の中に起業するかしないかで悩んで僕のところに相談に来る人がいます。しかし、僕はシンプルにやればいいじゃんと言うだけです。話は5分で終わりです。そうするとみんな拍子抜けして帰っていきます。でもこれはイジワルをしているわけではありません。本当にシンプルにやればいいと思っているからです。なんでもやりたいときにやるのが一番なのです。昔から善は急げといいます。

 

飽きない仕事のシステムを作る。

 

ビジネスというのは、いかにニッチを探して、ニーズを掘り起こすかが勝負なんです。

 

常に思考を埋めろ。
情報のシャワーを浴びろ。

 

寝食を忘れるほど、仕事に打ち込んでみること。
そこから道は開けてくる。

 

格差なんてあって当然。
みんな同じだったらつまらないでしょ。

 

僕が一番大切にしているのは、毎日を退屈せずに楽しく過ごすことです。つらかったのは捕まったときぐらいで、起業してからの人生はずっと楽しかった。僕は、生まれ変わっても絶対に起業すると思います。いや、もっと早く、小学生ぐらいで起業できれば最高だったとさえ思っています。

 

お金というものはお金が好きな人のところに集まってくるとよく言われます。
これは当然のことです。お金なんていらないと思っている人が金持ちになれるはずがありません。
しかしもっと問題なのはある程度リッチになってしまった人の場合です。リッチになると人間は小さくまとまってしまう傾向があるのです。月収のレベルで100万円や200万円を越えると自分のやりたいことは大抵実現できるようになってきます。しかし、ここで満足してはゼッタイにいけないのです。

 

ブログ管理人のコメント
ライブドア事件で時の人となったホリエモン。浮き沈みの激しい人生を送りながらも、彼が今なお常人を遙かに上回るお金持ちでいられるのは、経済の世界の真理を見抜いているからだと思います。

 

堀江貴文 名言言葉セリフ堀江 貴文(ほりえ たかふみ、1972年10月29日 – )は、日本の実業家、著述家。株式会社ライブドア元代表取締役社長CEO、SNS株式会社オーナー兼従業員、株式会社7gogoファウンダー、テックビューロ・ラボ株式会社テクノロジーアドバイザー。愛称はホリエモン。

東京大学在学中の96年、有限会社オン・ザ・エッヂを設立。2002年にインターネット関連企業の旧ライブドアから営業権を取得し、04年、ライブドアへ社名変更。M&Aを駆使して同社を急成長させた。05年にはニッポン放送の株式を取得して当時同社の子会社だったフジテレビジョンの買収を図るなど、ライブドアの名と共に堀江個人も注目を集める。

ホリエモンという愛称は元々はYahoo!掲示板のライブドア板で書き込まれたもの。この名称が一般メディアで取り上げられたのは、2004年、井上トシユキが『SPA!』に連載していた「エッジな人々」が最初であると思われる。媒体などで名前が広がる前から知人であった水道橋博士が「若いのに鼻もちならない金持ち」という役付けを提案し堀江もそれで盛り上がるのならと了承。以降、このキャラクターが一般的に認知される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました