林修 名言格言セリフ

東進ハイスクール・東進衛星予備校国語科専任講師 担当は現代文

 

努力は裏切らない
っていう言葉は不正確だ。
正しい場所で、
正しい方向で、
十分な量なされた努力は裏切らない。

 

人生は1つ勝てるものがあるだけでいい。他が全て負けてもいい。

 

借金は性能のいいエンジンみたいなもので、背負っているとものすごくスピードが上がるんです。まさに火の玉を背負っているようなもの。
もっとも、火の球だけに、ものすごい勢いで走るか、燃え尽きちゃうかどっちかなんですけどね

 

負ける奴のパターンは三つ。情報不足・慢心・思い込みである

 

自分が出来る事を探していくのが大人

 

自分が勝てる場所で努力しなきゃ。

 

仕事は趣味じゃない。お金をもらう以上、責任を持って取り組むべき。

 

大切なのは、失敗体験ですね。
たくさん失敗したら、自分の負けパターンがわかってくる。
そしたら、そうならないように先手が打てるようにもなります。

 

自分に自信のない人は不幸である。それにもまして、自分自身のない人はもっと不幸である

 

生徒にもよく言うんだけど、若さの特権はたくさん失敗できることです。
人生で勝ちたかったら、たくさん失敗して、そこから学んでいくしかない。

 

スポンサーリンク

 

やりたいことが見つからない、なんていう人がいるけど、
やりたいことをやるんじゃなくて、やるべきことをやればいい。
ただ、それだけです。

 

トップを作る要因は3歳から5歳まで。勉強しない子を育てたのは親の責任。

 

みんな、できることを増やそうとするけど、それが間違いなんです。
できることは、1つでいい。後はみんなできなくていい。
僕の周りで成功している人は、みんなそうですよ。

 

優秀な人間は、環境に不満を言わない

 

努力を努力と思わないほどに、努力をすることが当たり前。

 

「受験にはフライングもスピード違反もない」。
授業でよく言う言葉なんですが、仕事も同じですよね。
明日とか考えてないで、すぐやらなきゃ。そして全力で走らなきゃ。
結果には責任が持てなくとも、プロセスには責任を持つことができるでしょう?
そうやって耐えていれば、いつか必ずいい流れがやってくるものなんですよ。

 

受験一ヶ月前の受験生にはこう言う。これから一か月間頑張れ。そうすればこれからの人生が変わる。一ヶ月頑張る人間は一年頑張ることができる。一年頑張る人間は10年頑張ることができる。10年頑張る人間は一生頑張るから。

 

-東大にこれから入学する教え子たちに対して

合格決まったみなさん、
ほんとにおめでとうございます。
みなさんが、大学に入りたいという強い意思を持って正しい方向で努力した-
これは非常に素晴らしいことだと思います。
しかし、
みなさんが東大合格に使った能力は、残念ながらこの先の長い人生で1度も使うことは無いんです。
もう二度と抜かない刀を自慢に生きるようなつまらない生き方はやめてください。
東大に入ったからどうなるか。
東大に入るってことは何にも保証が無いってことです。
そこでですね、
みなさんが自分がここなら勝てる
という所を見出して、是非是非素晴らしい人生を築いて行って下さい。
そしてみなさんが、素晴らしい人生を築いていってくれないと困るんです。この国の将来は君たちが担って行くんですから。
この国の将来を担うような素晴らしい人生を歩んで行って下さい。
それが僕からのお祝いの言葉です。
ほんとに今日はどうもありがとうございました。

 

勉強はしてもしなくてもどっちでもいい。ただ、解決力と創造力は社会に生きていくうえで必要

 

東大入試に必要な努力は東大入学後に何の意味も持たなくなり、そのような何の意味も持たない努力を人に見せつけ、自慢するような人間になって欲しくない

 

いつやるの?今でしょ!

 

受験生活を支えてくれた両親に感謝を

 

ブログ管理人のコメント
短所を伸ばすよりも長所を活かすことを徹底する、というのは受験勉強のみならず人生全般でも大切だと思います。自分の強みの把握を押し進めましょう。

 

林修 名言格言言葉林 修(はやし おさむ、1965年9月2日- )は、日本のタレント、予備校講師。東進ハイスクール・東進衛星予備校国語科専任講師。担当は現代文。

東海高等学校卒業後、現役で東京大学へ進学。1988年東京大学法学部を卒業し日本長期信用銀行に入社するも「この会社はもうすぐつぶれる」と感じ半年で退職。その後、様々な商売を始めるがことごとく失敗し、予備校講師に転身。東進ハイスクール・東進衛星予備校では東京大学・京都大学入試現代文対策を中心に担当。東進ハイスクールのテレビコマーシャル「いつやるか? 今でしょ!」が話題となり、2013年度新語・流行語大賞年間大賞を受賞するなど予備校講師としては異例の著名人となった。

東大の同級生が官僚やエリートビジネスマンに転身した中、家庭教師という職業の自分を嫌っていたが、借金返済の金策が必要であることから知人の紹介で塾講師としてアルバイト生活を開始。その後、指導力を評価され予備校講師になった。その時分かったのは、「勝てる場所で誰よりも努力すること」というものであった。

はてなブックマーク - 自分が勝てる場所で努力しなきゃ。林修の名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket