ヘレンケラー 名言格言言葉

アメリカ合衆国の教育家 社会福祉活動家 著作家

 

希望は人を成功に導く信仰です。希望なしには何事もできません。

 

大きな目標があるのに、小さなことにこだわるのは愚かです。

 

結局、真の知識を得ようと望むものは、誰でも艱難の山を一人で登らなければならず、頂上への王道がない以上、私は曲がりくねりながら登らねばならぬことに気付いたのです。

 

自分はこの程度の人間だと思った瞬間、それ以上の人間になることが出来なくなります。

 

他人の人格について語る時ほど、自分の人格を露呈することになります。

 

ひとつの幸せのドアが閉じるとき、もうひとつのドアが開く。しかし、よく私たちは閉じたドアばかりに目を奪われ、開いたドアに気付かない。

 

言葉というものがあるのを、はじめて悟った日の晩。ベットの中で、私は嬉しくて嬉しくて、この時はじめて、「早く明日になればいい」と思いました。

 

元気を出しなさい。今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について考えるのです。

 

私は、自分の障害を神に感謝しています。 私が自分を見出し、生涯の仕事、そして神を見つけることができたのも、この障害を通してだったからです。

 

世界で最も素晴らしく、最も美しいものは、目で見たり手で触れたりすることはできません。それは、心で感じなければならないのです。

 

スポンサーリンク

 

もし、世界に喜びしかなかったら、勇敢になるとか、忍耐強くなるとか、学ぶことは決してなかったでしょう。

 

ベストを尽くしてみると、あなたの人生にも他人の人生にも思いがけない奇跡が起こるかもしれません。

 

顔をいつも太陽のほうにむけていて。影なんて見ていることはないわ

 

障害は不便です。しかし不幸ではありません。

 

はじめはとても難しいことも、続けていけば簡単になります。

 

世界を動かすのは、英雄の強く大きなひと押しだけではありません。誠実に仕事をするひとりひとりの小さなひと押しが集まることでも、世界は動くのです。

 

何か素晴らしいことを達成するための努力というものは、決して無駄にならないことを覚えていなさい。

 

あなたは困難な仕事を自分に課しましたが、あきらめずにがんばれば、うまく行くのです。そして、成功への障害を克服することが喜びとなるでしょう。

 

この世で一番哀れな人は、目は見えていても未来への夢が見えていない人。

 

人生はどちらかです。勇気をもって挑むか、棒にふるか。

 

光の中を1人で歩むよりも、闇の中を友人と共に歩むほうが良い

 

ブログ管理人のコメント
三重苦を乗り越えた不屈の人物として名高いヘレン・ケラー。失うことで始めて分かる日常の幸福というものがあると思います。目では見えない日々の幸せに心を向けたいものです。

 

ヘレンケラー 名言格言言葉ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家、著作家である。見る・聞く・話す、重複する障害の身体にありながらも、世界各地を歴訪(訪日歴は3度)し、障害者の教育・福祉に尽くした。

1882年、2歳(生後19か月)の時に高熱にかかる。医師と家族の懸命な治療により、かろうじて一命は取り留めたものの、聴力、視力、言葉を失い、話すことさえ出来なくなった。このことから、両親からしつけを受けることの出来ない状態となり、非常にわがままに育ってしまう。
サリヴァンは小さい頃から弱視であったため(手術をして当時はすでに視力があった)、自分の経験を活かしてヘレンに「しつけ」「指文字」「言葉」を教えた。おかげでヘレンは、あきらめかけていた「話すこと」ができるようになった。サリヴァンはその後約50年にもわたって、よき教師として、そして友人として、ヘレンを支えていくことになる。

ヘレンとサリヴァンの半生は『The Miracle Worker』として舞台化および映画化されており、日本では『奇跡の人』という日本語題で何度も上演されている。英語の「The Miracle Worker」には「(何かに対して働きかけて)奇跡を起こす人」といった意味があり、サリヴァンのことを指すが、日本ではヘレンのことと誤解され、「奇跡の人」がヘレンの代名詞として用いられることも多い。サリヴァンはヘレンの初訪日直前に病没しているため、日本ではサリヴァンを知る人がごく一部しかいなかったのが誤解の原因と言われている。

はてなブックマーク - 光の中を1人で歩むよりも闇の中を友人と共に歩むほうが良い。ヘレンケラーの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket