ウィンストン・チャーチル 名言格言セリフ

イギリスの政治家 軍人 作家

 

成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。大切なのは続ける勇気だ

 

変化こそ、問題解決の鍵である。

 

成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。

 

立ちあがって雄弁に話すのが勇気なら、座り込んで黙って人の話を聞くのも勇気だ。

 

金を失っても気にするな。名誉を失っても、まだ大丈夫。でも、勇気を失ってしまったら全て終わりだ。

 

勇気がなければ、他のすべての資質は意味をなさない。

 

悲観主義者はすべての好機の中に困難をみつけるが、楽観主義者はすべての困難の中に好機を見いだす

 

スポンサーリンク

 

敵がいる?良いことだ。それは、人生の中で何かのために立ち上がったことがあるという証だ

 

日々正直に行動することが成功に達する最も確実な道だ。

 

危険が迫った時、逃げ出すようではだめだ。かえって危険が2倍になる。しかし、決然として立ち向かえば、危険は半分に減る。何事に出会っても決して逃げ出すな。決して!

 

力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である。

 

絶対に屈服してはならない。絶対に!

 

あまりにも先を読みすぎるのは誤りである。運命の鎖の輪は一つずつ扱われねばならない。

 

過去を遠くまで振り返ることができれば、未来もそれだけ遠くまで見渡せるだろう。

 

その国の高齢者の状態を見ると、その国の文化の状況がわかる。

 

重要なポイントを突くときは、如才なくやろうとか巧妙にやろうとか思ってはいけない。ポイントを一突きせよ。

 

築き上げることは、多年の長く骨の折れる仕事である。破壊することは、たった一日の思慮なき行為で足る。

 

未来のことはわからない。しかし、我々が生きてきた過去が未来を照らしてくれるはずだ。

 

ブログ管理人のコメント
リスクを恐れずに、まず勇気をもって物事に立ち向かうことこそが問題解決の鍵であると繰り返し教えてくれています。リスクの無い所にリターンは無い、という言葉が頭に浮かびます。

 

ウィンストン・チャーチル 名言格言セリフサー・ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル(英語: Sir Winston Leonard Spencer-Churchill,1874年11月30日 – 1965年1月24日)は、イギリスの政治家、軍人、作家。

政治家であると同時に作家としても頭角を現した稀有な人物である。植民地戦争の従軍記者(戦闘も自分で行ったことがある)から政治家に転身、第一次世界大戦においての海軍大臣、第二次世界大戦においての海軍大臣・首相を務めるなど、とにかく戦争の時代における政治家としての活動が目に付く人物である。

文筆家としては1953年に「第二次世界大戦回顧録」でノーベル文学賞を受賞。このほか、英国のプロパガンダを「こんなものをプロパガンダと呼んでいるのか」と馬鹿にしていたドイツの宣伝相ゲッベルスからも「彼の文筆家としての能力は明らかだ」と戦争中に高い評価を受けているということも見逃せない。

はてなブックマーク - 勇気がなければ他のすべての資質は意味をなさない。チャーチルの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket