ナポレオン 名言格言

革命期フランスの軍人・政治家 フランス第一帝政の皇帝にも即位した

 

一頭の羊に率いられた百頭の狼の群れは、一頭の狼に率いられた羊の群れに敗れる。

 

最悪の策とは、ほとんど常に、もっとも臆病な策である。

 

勝利は、もっとも忍耐強い人にもたらされる。

 

深く考えるときは時間をかけろ。しかし、戦いが始まったら考えることをやめ、戦え。

 

状況?何が状況だ。俺が状況を作るのだ。

 

決して落胆しないこと。それが将軍としての第一の素質である。

 

幸福とは、その人間の希望と才能にかなった仕事のある状態をさす。不幸とは、働くエネルギーがありながら、無為な状態にあることをさす。

 

人間を動かす二つのてこは、恐怖と利益である。

 

戦闘の翌日に備えて新鮮な部隊を残しておく将軍は、常に敗れる。必要とあれば、最後の一兵まで投入させなければならない。なぜなら、完全な成功の翌日は、もはや我々の前に障害はないからだ。

 

宗教は、貧しい者が金持ちを殺害することをおもいとどまらせる。

 

死ぬことは何でもない。しかし征服されて、名誉を失ったまま生き長らえるのは、毎日死ぬようなものだ。

 

チャンスをもたらしてくれるのは、冒険である。

 

優れた人間になるには、誠実な友か、徹底した敵を持たねばならない。

 

負けると思ったらあなたは負ける、最終的に勝利を収めるのは「私はできる」と思っている人なのだ。

 

大多数の人間が失敗するのは、失敗した計画に勝る新しい計画をたてるだけの粘り強さに欠けるからである。

 

手の内がわかってしまうので、同じ敵とは何度も戦いたくない。

 

スポンサーリンク

 

天才とは、彼らの世紀を照らして光輝くべく運命づけられた流星である

 

世界には二つの力しかない。「剣」と「精神」の力である。そして最後は「精神」が必ず「剣」に打ち勝つ。

 

ブログ管理人のコメント
現代のリーダーに求められる物・勝利に必要な物に充分な答えを与えてくれる金言ばかりです。やはり勝利しようと思ったらリスクに対して臆病になってはいけないようです。

 

ナポレオン 名言格言ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 – 1821年5月5日)は、革命期フランスの軍人・政治家。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 – 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。

フランス革命後の混乱を収拾して、軍事独裁政権を樹立。また、戦勝と婚姻政策によって、イギリスとオスマン帝国のヨーロッパ側領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いた(これら一連の経過をナポレオン戦争という)が、最終的に敗北して失脚した。

1815年、ナポレオンはエルバ島を脱出し、パリに戻って復位を成し遂げる。ナポレオンは自由主義的な新憲法を発布し、自身に批判的な勢力との妥協を試みた。そして、連合国に講和を提案したが拒否され、結局戦争へと進んでいく。しかし、緒戦では勝利したもののイギリス・プロイセンの連合軍にワーテルローの戦いで完敗してナポレオンの復位(百日天下)は幕を閉じることとなる。

はてなブックマーク - 最悪の策とはほとんど常にもっとも臆病な策である。ナポレオンの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket