厳選金言名言格言言葉

本ブログで取り扱った全名言のうち、以下の条件のうち少なくとも1つは当てはまる非常に価値の高い言葉を金言としてピックアップしています。
 
・人間の一生を通じて通用すると思われる真理を含む
・実益もしくは危機回避のヒントになる
・人間社会に存在する法則を理解するヒントになる
・より良い人生を生きるための指針になる
・読むと強く励まされる
・かっこいい言葉や美しい言葉のような名文
・ネット上や世間で流行した有名な言葉

 

僕はこれまで成功を手にした人にたくさん出会ってきました。この人たちは何が違うかというと簡単です。「行動を起こしている」ということです。成功できなかった人は必ず後からついてくる。「自分も同じ事を考えていた」と言って。実行に移す人は案外少ないんですよ。

 

大事なのは、自分にとって何が幸せなのか、どうすればドキドキできるのかを、しっかり理解しておくことです。

 

人間というのは、必ず何かと引き替えに何かを手に入れる。その現実を見ることが大切。

 

幸運をつかむには、方法も、法則も、テクニックもない。あるとすれば、ただひとつだけ。自分は運がいいと思うこと

 

人から嫌われることを恐れるより、欠点はあってもいいから、それ以上に魅力のある自分になったほうがいい。

 

芸能人もビジネスマンも運ってすごく大事でしょ。じゃんけんって、その人の運の強さを量れるからバカにできないんだよ。

 

周囲と比べて「結婚していないから不幸せ」とか、「マンションを持っていないから不幸せ」とか言う人は、たとえそれを全部手に入れても、まだ足りないものを探そうとします。それに対し、独身だろうが、賃貸暮らしだろうが、そんなことは気にせずに、近所の銭湯に行って、「ここで風呂上りに飲むコーヒー牛乳は最高だね!」と満足している人が勝ちです。

 

本物の天才は別として、多くの人は発想するときにさほど創造的なことをしているわけではないと思う。見聞きしてきたものを組み合わせているだけです。だから、発想は生み出すものというより、「気づく」ものなのかもしれません。

 

嫌われる勇気をもって自分を出さなければ、人に好かれることはありません。

 

スポンサーリンク

 

世間では妙にありがたがっている部分もあるけど、若さって俺は大した特典ではないと思う。年齢は関係なくて、無茶をできるスピリットを持っているかが問題。

 

鳥のように自由に空を飛びたいというのは勝手だけど、鳥が飛ぶ為に何万回翼を動かしているかよく見てごらん。

 

世間では妙にありがたがっている部分もあるけど、若さって俺は大した特典ではないと思う。年齢は関係なくて、無茶をできるスピリットを持っているかが問題。

 

ワールドカップを観ていて相変わらず「感動をありがとう」なんて言ってるやつはもうてんで駄目なんだよ。ほんとうの感動は、やった奴しか分からない。

 

「人生はカネと女」ってはっきり言ってしまおう。そうやって欲望に正直に生きれば、日本人の顔も少しは活力ある顔に戻るんじゃないかな。

 

昔から「運も実力のうち」なんて言葉があるとおり、おいらも所詮人間の成功なんて運があるかどうかに尽きると思ってる。

 

努力すれば、きっとなんとかなるって、そんなわけないだろう。一所懸命やればなんとかなるほど世の中甘くないってことは、親とか周囲の大人が一番知ってんじゃねえか。必死にやってもうまくいくとは限らなくて、どうにもならないこともある、それが普通で当たり前だってことの方を教えるのが教育だろう

 

マイホームパパだかなんだか知らないが、いつもニコニコ笑っていて、子供の気持ちがよくわかる、物わかりのいい父親が理想だなんてことになった頃から、どうも教育がおかしくなった。駄目だものは駄目なんだと父親が教えてやらなきゃいけない。父親が子供に媚びを売ってどうする。結局は自分が可愛いだけのことなんじゃないか。父親は子供が最初に出会う、人生の邪魔者でいいのだ。子供に嫌われることを、父親は恐れちゃいけない。

 

お前にはその才能がないんだと、親が言ってやるべきなのだ。

 

子供の教育で大切なのは、タガのはめ方と、外し方なのだ。タガを外しすぎれば、桶はバラバラになってしまう。タガをきつくはめすぎても長持ちしない。自由に何でも好きなことをしなさいと言われたって、何をしていいかわからないという子供が多いんじゃないか。自由というのはある程度の枠があって初めて成立する。なんでもやっていいよという枠のない世界にあるのは、自由ではなくて混沌だ。子供に自由の尊さや、喜びを教えたいのなら、きちんとした枠を与えてやるべきなのだ。

 

人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである。

出典ページ:松下幸之助の名言

 

自分の幸せが見えないということは不幸である。ところが、世の中には案外そういう人が多い。

出典ページ:松下幸之助の名言

 

雨が降れば傘をさそう。傘がなければ、一度は濡れるのも仕方がない。ただ、雨があがるのを待って、二度と再び雨に濡れない用意だけは心がけたい。

出典ページ:松下幸之助の名言

 

どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである。

出典ページ:松下幸之助の名言

 

「百聞は一見にしかず」というが、「百聞百見は一験にしかず」とも言える。知っていても実行しなければ知らないことと同じ。いかに的確な判断をしてもそれを為し遂げる勇気と実行力がないと、その判断は何の意味も持たない。

出典ページ:松下幸之助の名言

 

機会というものは真に熱意を持って事に当たっておれば、随所にあるものではないだろうか。

出典ページ:松下幸之助の名言

 

「どこかまだ足りないところがある」、「まだまだ道がある筈だ」と考え続ける人の日々は輝いている。

出典ページ:松下幸之助の名言

 

根拠ですって。そうささやくのよ、あたしのGHOSTが。

 

戦場じゃ勇猛さより慎重さが生き延びる秘訣だ。

 

総理、各国の軍部や諜報機関が弱体化していく最大の理由をご存知ですかな。まさに今、総理が言われたことが原因です。組織のトップに立つ人間が、自身の利権争いの道具として組織を利用し始めたときから、ゆるやかな死が始まる。

 

頭は立場が上の時に下げてこそはじめて効果がある。違うか?

 

あいつは行っちまったのさ。それこそ均一なるマトリクスの裂け目の向こうへ・・・あいつは確かに生きてる。広大なネットのどこか、あるいはその全ての領域に融合して。

 

私みたいに全身を義体化したサイボーグなら誰でも考えるわ。もしかしたら自分はとっくに死んじゃってて、今の自分は電脳と義体で構成された模擬人格なんじゃないかって。いえそもそも初めから私なんてものは存在しなかったんじゃないかって。

 

さてどこへ行こうかしら、ネットは広大だわ

 

やられたらやり返す。倍返しだ!

出典ページ:半沢直樹の名言

 

恨みはしません。ただ、やられたらやり返す!倍返しだ!それが私の流儀なんでね。

出典ページ:半沢直樹の名言

 

部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任

出典ページ:半沢直樹の名言

 

今こそバブル最後の入行組の意地を、見せてやろうじゃない!

出典ページ:半沢直樹の名言

 

最後に、約束守ってもらおうか。5億を回収したら、土下座してくれるんだったよな。

出典ページ:半沢直樹の名言

 

夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。いつだって忘れないでほしい。すべて一匹のねずみから始まったということを。

 

夢をかなえる秘訣は、4つの「C」に集約される。それは、「好奇心Curiosity」「自信Confidence」「勇気Courage」そして「継続Constancy」である。

 

どんな洗練された大人の中にも、外に出たくてしょうがない小さな子供がいる。

 

人間は誰でも、世の中で最も素晴らしい場所を夢に見、創造することはできる。設計し、建設することもできるだろう。しかし、その夢を現実のものにするのは人である。

 

人生で経験したすべての逆境、トラブル、障害が私を強くしてくれた。

 

現状維持では、後退するばかりである。

 

深い思いやりから出る感謝の言葉をふりまきながら日々を過ごす。これが友を作り、人を動かす妙諦である。

 

あなたが明日出会う人々の四分の三は、「自分と同じ意見の者はいないか」と必死になって探している。この望みを叶えてやるのが、人々に好かれる秘訣である。

 

人は誰でも、他人よりも何らかの点で優れていると考えていることを忘れてはならない。相手の心を確実に掴む方法は、相手が相手なりの重要人物であるとそれとなく、あるいは心から認めてやることである。

 

人間は心を弾ませながら、何か興味深いことをしていると、めったに疲れない。

 

自分に関心を持ってもらうために2年間費やさなくても、他人に関心を持てば、2週間でより多くの友人を作ることが出来る。

 

悩み事は、散歩して忘れるのが一番だ。まあ、ちょっと外へ出てみたまえ。ほら、悩みごとなんか、翼が生えて飛んで行ってしまう。

 

人間は理性の動物ではない。感情に動かされやすい、偏見に満ちた、自負心に動かされて行動する動物である。人を相手にする時は、常にこの心掛けを忘れないことだ。

 

疲労を予防することは、悩みを予防することに通じる。たびたび休養すること。疲れる前に休養せよ。

 

動かないことが疑いと恐れを生み出す。行動は自信と勇気を生み出す。もしあなたが恐れを克服したいと思うのなら、家の中で座って考えたりしてはいけない。外に出て、忙しくするのだ。

 

人を動かす秘訣は、この世に、ただ一つしかない。この事実に気づいている人は、はなはだ少ないように思われる。しかし、人を動かす秘訣は、間違いなく、一つしかないのである。すなわち、みずから動きたくなる気持を起こさせること…これが、秘訣だ。かさねていうが、これ以外に秘訣はない。

 

忘れてはいけない。幸せはあなたが何者であるか、あるいは、何を持っているかによって決まるのではない。何を考えるかによって決まるのだ。

 

成功の鍵は、的を見失わないことだ。自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである。会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。

 

リスクを負わないのがリスク。

 

切羽詰まったときにこそ、最高の能力を発揮できる。

 

ゴールドラッシュは猛烈な投資を引き起こすことが多い。そのうちの一部は成功するが、熱狂が終わって振り返った時、失敗に終わった企業の山を見て、首をかしげることになるだろう。「いったい誰がこんな企業を設立したのだろう」「何を考えていたんだ」「熱狂だけでここまで馬鹿なことをしたのだろうか」と。

 

積極的に考え、積極的に行動する人ほど、積極的に遊び、積極的に心身を癒している。つまり、仕事が充実している人間ほど余暇も充実しているということだ。

 

自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。

 

リスクを引き受ける気があるなら、悪いニュースに多少目をつぶることは必要だ。不安はあっても、「上手くいく保証はないが、ベストを尽くしてみようじゃないか」というぐらいの勇気がなくてはならない。

 

満点をとったことは自慢にならないよ。本当に大切なのは知識を丸暗記したり、教えられたとおりのことを答案に書くことではなくて、先を見る洞察力だ。

 

私は5年間急成長する企業には驚かないが、20年、30年にわたって継続的に優れた成果を出している企業には非常に興味がある。要は、永続性のメカニズムが埋め込まれているかどうかなのだ。

 

ブログ管理人のコメント
「戦うこと」の大切さを節々に感じる金言集です。誰かに守ってもらったり、逃げることに希望を見出さず、リスクを負って勇気を出して積極的に戦うこと。そうしないと成果らしい成果は掴めないと気づかせてくれます。ブログ管理人は秋元康氏の言葉が夢と現実の間の中庸的雰囲気で実用的なので好き。厳選金言パート3も合わせてどうぞ。
はてなブックマーク - 人生で経験したすべての逆境、トラブル、障害が私を強くしてくれた。 厳選金言シリーズ2
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket