車輪の国、向日葵の少女 名言格言セリフ

あかべぇそふとつぅより2005年11月25日に発売された恋愛ADV

 

お前達はそうやって、すぐ、わかりやすい悪に飛びつく。 いつでも誰かに責任を取ってもらおうとする。国が、資格が、こんな特許が、親が、信頼する友人がこう言ったから・・。すぐ、安心し、思考を停止する。そのくせ、裏切られたときには、豚のようにわめき散らす。お前にはまだまだ教育が必要だな。一度、自分を見つめなおしてみろ。最低な自分をな。

 

自分が限界だと思っている以上に限界ってのは天井が高い。

 

いわれた事しかできない人間を三流。いわれた事を上手にできる人間で、ようやく二流。森田はいつになったら一流になるんだ?

 

実力や地位や金を得た人間の鼻をへし折ることで、社会を代表する特別に高等な人間が完成するのだ。お前の胸に金色のバッジがついたとき、お前はきっと気づく。社会には、人のうねりには勝てないのだと。世の中には、どうあがいても覆せない理性があるのだと。

 

謝るな。指導者は謝るな。誰かに責任を押し付けられない立場の人間の謝罪が許される社会は堕落の一途を辿る。

 

そこをどけ、豚ども!私はこれから、最愛の人に、会いに行かねばならんのだ!!

 

私は向日葵を絵にして残す、この場所には、確かに向日葵があったんだって!

 

スポンサーリンク

 

弱気になってちゃ、取れるものも取れないし、まなも戻ってこない、夢とか大事なものは、強引に取るべきものだよ!

 

そうやって、どちらかを選ぶと、選ばれなかったもう一方が悲しむというのなら、世の中がいつもそうやって理不尽な選択を迫ってくるというのなら、仕方がないことだって、知った風に大人面するような社会なら、私は一生子供で良い!

 

上手く言えないけど、楽しいことなんて、たくさん転がってて、気持ち良いことは、簡単に見つけられて、笑い声は、どこからでも聞こえてくるんだよ!

 

今の世の中、どれだけ知識があってもダメなの。知識を知恵に変えて、行動に移せる能力こそが問われる社会なのよ。あなたがどれだけ知識を持っていても、いざって時にそれを発揮出来なかったらダメでしょう?要するに胆力よ!どんな人の前でもどんな状況でも、自分の意志を伝えることができる強さを持ちなさい。

 

資格なんて、所詮は社会が決めた基準の一つでしかないわ。弱いやつほどそういったものにすがるのよ、資格とか、学歴とかね。

 

世の中なんて、自分の見方一つで地獄にも天国にもなるわ。

 

私が短い人生で思ったことは、世間はルールに満ち溢れていて、一見どうにもならないことばかりだということです。だからこそ、捻じ曲げてやるのです。

 

弱さという種に、暴力という水をじっくり撒いて、慎重に、花を愛でるように、時間をかけてゆっくりと、貴様らを更生させてやる

 

我々は、無意味なことに耐えて生きることはできません。無意味なこと、例えば、穴を掘って、その穴をまた自ら埋める。それがあなたの仕事だと、そう言われたらきっと皆さんは生きる力を失うでしょう。皆さんはどうお思いですか?日々の皆さんの営みに、意味を見いだせていますか?意味を作らされていませんか?気づかないうちに、穴を掘らされていないでしょうか?、その穴を埋める毎日に、満足させられていませんか?

 

皆さんに生きて欲しいと、私は思います!望んだのは、生きる幸せを得ることなのです。決して、生かされることではないのです!この町の向日葵は、我々と共に、何度も、何度も踏みつぶされました!それでも、また生命が大地に芽吹きます!例え、何度踏みつぶされようとも、向日葵はまた、太陽に向かって花を咲かせるのです!

 

いつも笑っているというのは、相手にとっても、私にとっても、気持ちが良いものです。辛いことがあっても、寂しい想いをしても、笑っていれば、自然と素敵な考えが浮かんできて、前に進んでいけるのです。とても、幸せです。

 

ブログ管理人のコメント
いやがおうにでも法月将臣の言葉と存在感が目立つ作品です。厳格さは社会を公正に回していくうえで必要不可欠です。いつかプレイしてみたい名作ゲームだと思います。

 

車輪の国、向日葵の少女 名言格言セリフ『車輪の国、向日葵の少女』(しゃりんのくに ひまわりのしょうじょ)は、あかべぇそふとつぅより2005年11月25日に発売された恋愛ADVである。ファンディスクの『車輪の国、悠久の少年少女』が2007年1月26日に発売されている。

ジャンルはヒューマンドラマで、所謂「泣きゲー」の類に入る。その独特の世界観と、魅力的なシナリオで話題になり、本作を「名作」として挙げる者も多い。

日本によく似たとある架空の国の物語である。その国では罪を犯すと懲役に代わり、その罪に応じた「特別な義務」が科せられ、その犯罪者は「特別高等人」という超法規的存在によって更生指導される。主人公・森田賢一はその特別高等人を目指す候補生である。最終試験の課題として、田舎町にいる3人の少女を更生するよう指示される。全5章からなる構成であり、シナリオは伏線を幾重にも張り巡らし「社会」「人間」をテーマに描かれている。

はてなブックマーク - 一度、自分を見つめなおしてみろ。最低な自分をな。車輪の国、向日葵の少女の名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket