サルトル 名言格言言葉

フランスの哲学者 小説家 劇作家

 

成功とは、品性と知性の証拠であり、また、神聖な保護を受けた証拠である。

 

青春とは、実に奇妙なものだ。外を見ると、赤く輝いているが、内から見ても、何も感じられない。

 

地獄とは他人のことだ。

 

まず第一に理解しなければならないことは、自分が理解していないということである。

 

すべての答えは出ている。どう生きるかということを除いて。

 

自由とは、自由であるべく、不自由になることである。

 

人間の運命は人間の手中にある。

 

現代の資本主義社会には生活はない。あるものはただ宿命だけだ。

 

インテリというのは真の革命家ではない。暗殺者になるくらいが関の山だ。

 

一人ひとりの人間が究極の絶対的な自由を持っている。

 

スポンサーリンク

 

生きることと書くことを、作家は一つにすべきだ。

 

人間は自由であり、つねに自分自身の選択によって行動すべきものである。

 

もっといい時代はあるかもしれないが、これは我々の時代なのだ。我々はこの革命のただなかに、この生を生きるよりほかはないのである。

 

人間は現在もっているものの総和ではなく、彼がまだもっていないもの、これからもちうるものの合計である。

 

人間は状況によってつくられる。

 

金持ちが戦争を起こし、貧乏人が死ぬ。

 

嘘とは、私がつくったものではなく、階級に分かれた社会に生まれたものである。だから、私は生まれながら嘘を相続している。

 

人間は、自らの行動の中で、自らを定義する。

 

ブログ管理人のコメント
人間が生きることについてや人間社会についての深い洞察がうかがえる名言でいっぱいです。哲学者の言葉は日常に対する新しい解釈をもたらしてくれるので好きです。

 

サルトル 名言格言言葉ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル(フランス語: Jean-Paul Charles Aymard Sartre, 1905年6月21日 – 1980年4月15日)は、フランスの哲学者、小説家、劇作家。内縁の妻はシモーヌ・ド・ボーヴォワール。強度の斜視があり、1973年には右目を失明した。

サルトルは1905年、パリ16区に生まれる。生後15ヶ月で、海軍将校であった父が熱病に倒れ死亡したため、サルトルの母方の祖父であるシャルル・シュヴァイツァー(1844 – 1935)の家に引き取られる。シャルルはドイツ語の教授であり深い教養を持ち、サルトルの学問的探究心を刺激した。

サルトルの思想は実存主義によるもので、今まさに生きている自分自身の存在である実存を中心とするものである。特にサルトルの実存主義は無神論的実存主義と呼ばれ、自身の講演「実存主義はヒューマニズムであるか」において、「実存は本質に先立つ」と主張し、「人間は自由という刑に処せられている」と言い切っている。

はてなブックマーク - 人間は自らの行動の中で自らを定義する。サルトルの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket