ソクラテス 名言格言言葉

古代ギリシアの哲学者

 

本をよく読むことで自分を成長させていきなさい。本は著者がとても苦労して身に付けたことを、たやすく手に入れさせてくれるのだ。

 

とにかく結婚したまえ。良妻を持てば幸福になれるし、悪妻を持てば哲学者になれる。

 

一番小さなことでも満足できる人が一番裕福である。何故なら満足を感じることが自然が与えてくれる富だからだ。

 

世界を動かそうと思ったら、まず自分自身を動かせ。

 

生きるために食べよ、食べるために生きるな。

 

良い評判を得る方法は、自分自身が望む姿になるよう努力することだ。

 

金持ちがどんなにその富を自慢しているとしても、彼がその富をどんなふうに使うかが判るまで、彼をほめてはいけない。

 

ねたみとは魂の腐敗である。

 

出発の時間がきた。そして、私たちはそれぞれの道を行く。私は死ぬ、あなたは生きる。どっちが良いのかは神だけが知っている。

 

よりよく生きる道を探し続けることが、最高の人生を生きることだ。

 

スポンサーリンク

 

良い本を読まない人は、字の読めない人と等しい。

 

幸福になろうとするならば、節制と正義とが自己に備わるように行動しなければならない。

 

満足は自然の与える富である。贅沢は人為的貧困である。

 

我々が皆自分の不幸を持ち寄って並べ、それを平等に分けようとしたら、ほとんどの人が今自分が受けている不幸の方がいいと言って立ち去るであろう。

 

法は、善人のために作られるものではない。

 

悪法もまた法なり。

 

自分自身が無知であることを知っている人間は、自分自身が無知であることを知らない人間より賢い。

 

魂の探求の無い生活は、人間にとって生きがいの無いものである。

 

汝自らを知れ。

 

賢者は複雑なことをシンプルに考える。

 

財産や名誉を得る事のみ執心し、己の魂を善くする事に努めないのを恥とは思わないのか。

 

死ぬことと、自分の信念とどちらが大事か!

 

あなたのあらゆる言動をほめる人は信頼するに値しない。間違いを指摘してくれる人こそ信頼できる。

 

吟味されざる生に、生きる価値なし。

 

ブログ管理人のコメント
古代哲学者の代表の一人として名高いソクラテス。自分の魂を開発することの重要さを繰り返し教えてくれています。また、自分の人生に満足することの幸福さにも気づかせてくれます。

 

ソクラテス 名言格言言葉ソクラテス(希:Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。

父は彫刻家ないし石工のソプロニスコス、母は助産婦のパイナレテとされる。アテナイに生まれ、生涯のほとんどをアテナイに暮らした。彼はペロポネソス戦争において、アテナイの植民地における反乱鎮圧としてのポテイダイア攻囲戦、ボイオティア連邦との大会戦デリオンの戦いで重装歩兵として従軍した(アルキビアデスは騎兵として参加、当時の回想が『饗宴』に書かれている)。青年期には自然科学に興味を持ったとの説もあるが、晩年は倫理や徳を追求する哲学者としての生活に専念した。

ソクラテスの思想は、内容的にはミレトス学派(イオニア学派)の自然哲学者たちに見られるような、唯物論的な革新なものではなく、「神のみぞ知る」という彼の決まり文句からもわかるように、むしろ神々への崇敬と人間の知性の限界(不可知論)を前提とする、極めて伝統的・保守的な部類のものだと言える。「はかない人間ごときが世界の根源・究極性を知ることなどなく、神々のみがそれを知る、人間はその身の丈に合わせて節度を持って生きるべき」という当時の伝統的な考え方の延長線上に彼の思想はある。

はてなブックマーク - 賢者は複雑なことをシンプルに考える。ソクラテスの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket