フォレスト・ガンプ 名言格言セリフ

1994年公開のアメリカ映画 第67回アカデミー賞作品賞ならびに第52回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞受賞作品

 

この世で一番優しい声を聴いた時を
覚えているよ

 

バカをする人がバカなんだ。

 

祈ってフォレスト、私と一緒に。
私をどうか鳥にして下さい。
そうすれば、うんと遠くへ飛んで行けます。

 

走って!フォレスト!

 

奇跡は毎日起きる。 信じない人もいるけど、ホントだよ。

 

僕は頭は良くないけど、
愛がどんなものかは知ってるよ。

 

何かあったら勇気など見せずに走って。

 

バーバを探さなきゃいけないんです!

 

「オレとエビ商売を始めないか?」
「いいよ。」

 

オレの運命は名誉の戦.死だ。

 

スポンサーリンク

 

こんなはずじゃなかったんだ。
立派に死にたかった。
勇敢な中尉ダン・テイラーとして。

 

その日、別に訳もなく、
僕は「走ろう」って決心した。

 

うちへ帰りたい。

 

よりによって、お前に名誉勲章をくれるとはな。

 

「おれは戦場で
名誉の戦死を遂げるはずだった。
これはおれの運命じゃない。
おれはダン・テイラー中尉だ!」
「今でもあなたはダン中尉です。」

 

君は土曜の朝に死んだ。
僕達の木の下に、君は眠ってる。

 

こいつをバカ呼ばわりするな!

 

ダン中尉は神と仲直りしたんだ。

 

命を救ってくれた礼を言うよ。

 

死は人生の一部なんだから。
誰でも持ってる運命よ。

 

寂しいよ。何かいるものがあったら、
すぐそばにいるからね。

 

ママがいつも言ってた、靴をみたらその人のことがたくさん分かるって。
どこから来て、どこへいくのか。
僕もたくさん靴をはいた。一生懸命考えれば、最初の靴を思い出せる。
ママは言ったんだ、その靴は僕をどこへでも連れてってくれる。魔法のシューズなんだって。

 

「ぼくの運命は?」
「あなたは自分で答えをみつけないといけないの」

 

その日、別に訳もなく、
僕は「走ろう」って決心した。

 

僕にはわからないんだ。
正しいのがママなのか、
ダン中尉だったのか・・・
僕らには皆運命(さだめ)があるのか
それとも
風に乗って たださまよっているのか
たぶん その両方だろう
両方が同時に起こっているんだ。

 

人生はチョコレートの箱、開けてみるまで中身は分からない

 

ブログ管理人のコメント
アメリカの激動の時代を背景にフォレストの数奇で波瀾万丈な人生が描かれる傑作映画。簡単な言葉の中に、私たちが忘れがちな人生の大切なことが込められているようです。ブログ管理人は主人公のフォレストが好き。

 

フォレスト・ガンプ 名言格言言葉『フォレスト・ガンプ/一期一会』(フォレスト・ガンプ いちごいちえ、Forrest Gump)は、1994年公開のアメリカ映画。 日本公開は95年で配給収入38億円のヒット作品。

「フォレスト・ガンプ」は主人公の名前。ちなみに “gump” はアラバマ州の方言で、「うすのろ」「間抜け」「愚か者」の意である。
キャッチコピーは、劇中にセリフとしても登場する「人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない」。このセリフは、『アメリカ映画の名セリフベスト100』において第40位となっている。

1985年にウィンストン・グルームが発表した小説『Forrest Gump』をエリック・ロスが脚色して製作された映画。監督はロバート・ゼメキス、主演はトム・ハンクス。
人より知能指数は劣るが、純真な心と周囲の人々の協力を受けて数々の成功を収めていく”うすのろフォレスト”の半生をアメリカの歴史を交えながら描いたヒューマンドラマ。
第67回アカデミー賞作品賞ならびに第52回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品。

アラバマ州グリーンボウに住むフォレスト・ガンプは、足の矯正器を付けた知能指数の低い少年だった。母親はフォレストを普通の子供と同じように育てたいと考え、公立の小学校に入学させる。フォレストはジェニーという女の子と友達になるが、小学校ではいじめの標的となる。ある日、父親に怒鳴られるジェニーを見たフォレストは、その手を握って畑の中を走り去る。

はてなブックマーク - 人生はチョコレートの箱、開けてみるまで中身は分からない。フォレスト・ガンプの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket