ニュートン 名言格言言葉

イングランドの哲学者・自然哲学者・数学者

 

年がら年中、そのことばかりを考えていただけです。

 

もし私が価値ある発見をしたのであれば、それは才能ではなく忍耐強く注意を払っていたことによるものだ。

 

我々はあまりにも多くの壁を造るが、架け橋の数は十分ではない。

 

天体の動きなら計算できるが、群集の狂気は計算できない。

 

諸物の多様さと混乱のうちにではなく、つねに単純さのうちに真理は見出される。

 

太陽、惑星、彗星からなる最も美しい系は、知性と力ある存在の配慮と支配によってのみ発生しえた。

 

成功に必要なことをあえて一つ述べるとすれば、それは、「つねに願望や目標について考えることだ」と言うことに尽きると思います。なぜなら、私たちの人生は私たちの「思考」でつくられているからです。

 

自分を相手より利口に見せても愚かに見せても、得る所はない。

 

如才のなさとは敵を作らずに自分を主張することである。

 

私は、海辺で遊んでいる少年のようである。ときおり、普通のものよりもなめらかな小石やかわいい貝殻を見つけて夢中になっている。真理の大海は、すべてが未発見のまま、目の前に広がっているというのに。

 

スポンサーリンク

 

どんな行動にも、必ずそれと等しい反対の反応があるものである。

 

私が遠くを見ることができたのは、巨人たちの肩に乗っていたからです。

 

神はすべてを数と重さと尺度から創造された。

 

プラトンは私の友、アリストテレスは私の友。しかし、最大の友は真理である。

 

我、仮説を作らず。

 

今日なし得ることに全力をつくせ。しからば明日は一段の進歩あらん。

 

たとえ相手がつまらない人物であっても、額面どおりに相手をこきおろすよりは、額面以上に相手をほめるほうが安全である。賞讃は非難ほど反発されないし、少なくとも嫌がられないからだ。

 

人間は事実に反することを想像してもよいが、事実しか理解することはできない。事実に反することを理解したとしたも、その理解は間違っている。

 

ブログ管理人のコメント
今日では主に万有引力の発見で知られるニュートン。権威ある科学雑誌のタイトルを飾るほどの功績を科学史に残しました。機知に富み、真理を言い当てた名言は誰の役にも立つものです。

 

ニュートン 名言格言言葉アイザック・ニュートン(英: Isaac Newton、ユリウス暦: 1642年12月25日 – 1727年3月20日、グレゴリオ暦: 1643年1月4日 – 1727年3月31日)は、イングランドの哲学者・自然哲学者・数学者。ニュートン力学を確立し、古典力学や近代物理学の祖となった。古典力学は自然科学・工学・技術の分野の基礎となるものであり、近代科学文明の成立に影響を与えた。

主著 羅: Philosophiae Naturalis Principia Mathematica(1687年7月5日刊 和訳名『自然哲学の数学的諸原理(プリンキピア)』)のなかで万有引力の法則と、運動方程式について述べ、古典数学を完成させ、古典力学(ニュートン力学)を創始。これによって天体の運動を解明した。またゴットフリート・ライプニッツとは独立に微積分法(流率法)を発明した。光学において光のスペクトル分析などの業績も残した。ニュートン式反射望遠鏡の製作でも有名である。
ニュートンは、地球と天体の運動を初めて実験的に示し、太陽系の構造について言及した。また、ケプラーの惑星運動法則を力学的に解明した一人であり、天体の軌道が楕円、双曲線、放物線に分かれることを示した。また光の粒子説を唱え、白色光がプリズム混合色であるとして色とスペクトルの関係について唱えた。虹の色数を7色だとしたのも彼である。

万有引力の法則に関して、古い伝記などでは「リンゴの木からリンゴが落ちるのを見て万有引力を思いついた」とするものが多かったが、基本的にウールスソープ滞在当時の文書記録や物証があるわけではなく、はるか後に(ロバート・フックと、万有引力に関して先取権争いのいざこざも生じた後に)そうだった、とニュートンが知人や親類などに語った話などがもとになって流布した話にすぎない。つまり利害関係者当人が語る話やその伝聞の類にすぎず、内容に関しては真偽が不明である。

はてなブックマーク - 神はすべてを数と重さと尺度から創造された。ニュートンの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket