ディエゴ・マラドーナ 名言格言言葉

アルゼンチン・ブエノスアイレス州出身の元サッカー選手 サッカー指導者

 

飛んだ瞬間、目の前が真っ白になって神が僕が僕に手を差し伸べた。あれは神の手によるゴールだ。

 

本当のプレッシャーはゴール前やピッチにはない。いつ貧困に陥るのかという不安、そしてアルゼンチン代表としてのプレッシャー、それだけだ。

 

とにかくボールを預けてくれるだけでいい、あとは俺がなんとかするから。

 

私のファンでなければ国民をやめるべきだ。

 

俺はサッカー界最後の反逆者だ。サッカー界を変えることができる最後の闘士だ。

 

あの五人抜きは相手のイングランドの選手がフェアだったからこそやれた。

 

人生はサッカーであり、サッカーこそが人生。

 

もし天国にもサッカーがあってそこでプレーできるならうれしいね。ただ、ペレにはいて欲しくないね。

 

“フェアプレーの精神”はどこへいったんだ?メッシがボールを持つたびにつかみ倒されそうになるというのに、いったい何をしているんだ?こういう行為を止めさせるためにイエローカードを出すべきだろう。それがルールっていうもんじゃないのか。

 

ペレと一緒にプレーするなんて事はありえなかった。僕は悪い奴らと仲間になるのは好きじゃなかったからね。僕たちは水と油さ。ペレは選手の時から首脳陣に従順だと言われていたからね。僕はそれが気に入らなかった。彼のキャリアはいつもそんな感じだったよ。

 

スポンサーリンク

 

ナポリの貧しい子供達のアイドルになりたい。彼らはブエノスアイレスに住んでいた頃の自分のようだから。

 

ふざけてないで、得点しろよ。そうすれば代表に呼ばれるから。

 

もうすぐ生まれる僕の子供が戦争もなく、飢えもない良い世界にたどり着くように願うだけさ。これがみんなへの願いさ。

 

俺がやったドー,ピングは努力だけだ。

 

人生に永遠に残る、決定的な、一番大きな失望だった。

 

彼はゴールを決めるにはキーパーをぶち抜かないといけないと思っていたんだ。

 

いつか代表に復帰するよ。それが僕の運命で、その日を待っている。

 

俺は数多くの過ちを犯した。だがフットボールを汚した事なんて一度たりとも無いんだ。

 

ブログ管理人のコメント
サッカー監督として名高いマラドーナ氏。ユーモアをたたえた、勇気づけられる言葉がいっぱいです。自信家であることもうかがえ、やはり勝つためには自信が大切であると感じさせられます。

 

ディエゴ・マラドーナ 名言格セリフディエゴ・アルマンド・マラドーナ(スペイン語: Diego Armando Maradona、1960年10月30日 – )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス州出身の元サッカー選手、サッカー指導者である。現役時代のポジションはフォワードまたはミッドフィールダー。ペレ、クライフ、ベッケンバウアー、ディ・ステファノ、ジーコなどと共に20世紀のサッカー史に名を残すスター選手である。

アルゼンチン・リーグ史上最年少でプロデビューし、ボカ・ジュニアーズを経て欧州に渡った。FCバルセロナではさまざまな問題に悩まされたが、SSCナポリではセリエA優勝2回、UEFAカップ優勝1回の立役者となり、「ナポリの王様」としてファンに愛された。セビージャFC、ニューウェルズ・オールドボーイズ、ボカ・ジュニアーズでの在籍は短期間に終わり、1997年に現役引退した。引退から時間が経った現在でも彼の信奉者はファン、選手、サッカー関係者を通じて多く特にアルゼンチンでは彼を崇拝する宗教が生まれ、ナポリでは旧市街に彼を讃える祭壇が設けられているほどである。

1977年に歴代最年少でアルゼンチンA代表にデビューし、1979年にはU-20アルゼンチン代表としてFIFAワールドユース選手権で優勝して大会最優秀選手に選ばれた。FIFAワールドカップには1982年大会から4大会連続で出場し、1986 FIFAワールドカップではチームを牽引して優勝に導いた。準々決勝のイングランド戦で見せた「神の手」ゴールと「5人抜き」ドリブルは彼のスタイルを象徴するプレーとして後世に語り継がれている。1994 FIFAワールドカップでは大会中のドー,ピング検査で陽性と判定され大会から追放処分を受けた。

はてなブックマーク - ふざけてないで得点しろよ。そうすれば代表に呼ばれるから。マラドーナの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket