犬夜叉 名言格言セリフ

高橋留美子による少年漫画 第47回(平成13年度)小学館漫画賞受賞

 

もしも四魂の玉が生き残ろうとしているなら― かごめを無事に生かしておくはずがねえ!待ってろかごめ!必ずお前を捜し出す!!

 

奈落なんぞに、おまえの命を渡してなるものか。忘れるな犬夜叉、奈落はおまえと私の憎い仇だ。

 

ああそうだ。いつの間にか当たり前みたいにかごめがそばにいる── おれの居場所だ──

 

けっ、言っとくけどな、おれは人間ほど神経がか弱くねぇんだ!

 

人間などという卑しき生き物を母に持つ半妖一族の恥さらし者が

 

おれは正直怖い。もしかごめが桔梗のように命を落とすことがあったら―そうなるくらいならいっそ・・・井戸の向こうの世界で・・・安全に暮らして生きててほしい。

 

桔梗。なにかあったらおれを呼ぶんだぞ。

 

この四魂の玉のかけらあんたにあげる。そのかわり奈落を殺してあたしをやつから解放して。

 

「怒ってないよ。悪かったね邪魔して。(死ねバカ。)」
「(ふっ 目がまるで死ねバカと言っているようだ。)」

 

やっぱり似てやがる かごめは死んだ桔梗にそっくりだ

 

スポンサーリンク

 

(風の傷をよむ?どういうことだ!?)

 

おれを、鎮めるだとお!?ふざけんじゃねーっ!!

 

おまえウソでもあやまっとけ。犬夜叉は性格がコドモなんじゃ。

 

「桔梗のやつもすっかりばばあか?しょーがねえな、人間なんて。」
「桔梗おねえさまは死んだよ。おぬしを封印した同じ日に。」

 

あのおやじの爪の跡あそこを貫けば鉄砕牙は軽くなる!

 

なんなのよもうっ。桔梗と会う度にふたりの世界作っちゃって。私が遠慮してるからって甘えんじゃないわよ。

 

(これからもきっと少しずつ、いろんなことがかわっていく。私はここで生きていく。犬夜叉と一緒に、毎日をつみ重ねていく。私と犬夜叉は、明日につながっていく。)

 

そう簡単に・・・憎んだり忘れたりできるはずがねぇ。

 

(殺生丸さま助けに来てくれるのかな)

 

そのかわり約束しろ。無駄に風穴をひらくな。命を粗末にしやがったら・・・たとえ珊瑚が許したっておれが許さねぇぞ。

 

(この場で死ねば、犬夜叉、きさまはそれだけの者でしかなかったということ。)この殺生丸、手加減も同情もせぬ!

 

人の心を知っていなければできないことよ。絆の大切さを知っているからこそ、それを失う苦しみがわかる。四魂の玉はあんたの本当の望みをかなえてはくれなかったのね。

 

(ふん、所詮は奈落のさしがねこの殺生丸と犬夜叉を闘わせ、あわよくば、双方の刀を無力化させようとでももくろんでいるのだろうがだがこの罠──乗ってみる価値はある。)

 

(かごめはおれに教えてくれた。笑顔を──人を信じる心を──かごめがいたから仲間ができた。仲間に頼ることも、人のために流す涙も、本当の強さも優しさも、かごめが教えてくれた。)

 

ブログ管理人のコメント
時代の流行を先取りしてきた漫画家・高橋留美子女史の人間と人外の交流&ラブロマンス漫画。かっこいい言葉、胸がきゅんとする愛の告白的なセリフでいっぱいです。

 

犬夜叉 名言格言言葉『犬夜叉』(いぬやしゃ、InuYasha)は、高橋留美子による少年漫画、それを原作としたテレビアニメ。1996年から2008年まで、小学館『週刊少年サンデー』にて連載された。全56巻。第47回(平成13年度)小学館漫画賞受賞。前作は『らんま1/2』。連載期間は11年7か月。『週刊少年サンデー』2013年10号では、東日本大震災復興支援企画『ヒーローズ・カムバック』の一環として最終回の半年後を描いた読切(特別編)が5年ぶりに掲載された。

内容はハードかつシリアス、戦国時代を舞台にした、半妖・犬夜叉と女子中学生・かごめが四魂の玉のかけらを探す旅に出る冒険活劇。初めての、攻撃的な描写の多い連載作品。伝奇とギャグの融合もある。作中では時の流れも非常に明確で、最終回の後日談である特別編を含め、4年半の時間が経過している。テレビアニメは、2000年10月から2004年9月までよみうりテレビを制作局として日本テレビ系列で単行本第1巻から第36巻までをベースとした『犬夜叉』が放送された。また、劇場版は東宝により4作が上映された。原作完結後、単行本第37巻から第56巻(最終巻)までをベースとした『犬夜叉 完結編』が日本テレビ系の一部系列局にて2009年10月から2010年3月まで放送されていた。

戦国時代の日本、あらゆる願いを叶えるという宝玉・四魂の玉を巡り人間と妖怪の争いが続いていた。四魂の玉を守る巫女・桔梗は、半妖・犬夜叉に恋心を抱いていた。しかし、罠にはまり、お互いに裏切る。玉を奪った犬夜叉を最後の力で封印し、自分もまた力尽きる。遺言により、四魂の玉は桔梗の亡骸と共に燃やされ、四魂の玉はこの世から消え去った。
そして500年後の現代、神社の娘・日暮かごめは15歳の誕生日に、神社の祠にある古びた井戸から戦国時代へとタイムスリップする。そこは犬夜叉と桔梗の争いから50年が経過した時代であった。桔梗の生まれ変わりであるかごめの体内から再び四魂の玉が現れ、犬夜叉は蘇る。そして玉を巡って妖怪たちが動き出す。 戦いの中で四魂の玉はとんでもないハプニングにより無数のかけらに飛び散った。四魂のかけらを集めるために旅することになった犬夜叉とかごめ。最初は嫌々だったが、2人は次第に惹かれ合っていく。その旅の中で、50年前、犬夜叉と桔梗を罠にかけた張本人・奈落の存在が明らかに。二人は奈落を追う中で、旅の中で出会った子狐妖怪七宝、奈落に呪いをかけられた法師弥勒、妖怪退治屋珊瑚の仲間と共に、宿敵奈落を倒すため、玉の因縁を断ち切るために戦っていく。

はてなブックマーク - かごめはおれに教えてくれた。笑顔を──人を信じる心を──。犬夜叉の名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket