ハリー・ポッター 名言格言セリフ

イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学・ファンタジー小説

 

暗闇の中にいても幸せは見つけることができる。
光を灯すことを忘れなければ。

 

最後に、敵に立ち向かうのは大変勇気がいることだが、
友達に立ち向かうのはもっと勇気がいる。
その勇気をたたえて、10点をネビル・ロングボトムに。

 

暗く困難な時が待っている。
正しきこととた易きことの選択を迫られる。
だが忘れるでない。君には友達がいる。
独りではないのだ。

 

黙れマルフォイ!

 

世の中は善人とデス・イーターだけじゃない。
誰もが心の中に光と影の両面を持っている。
大事なのはどちらの道を選ぶかだ。
人間はそこで決まる。

 

スリザリンは嫌だ

 

汚れた血め!

 

勝敗は数の多さにあらず
一人一人の決意の固さなり

 

復讐は蜜より甘い

 

まさかのときの友こそ真の友だ

 

スポンサーリンク

 

真実は美しく、恐ろしいものじゃ。だからこそ慎重に扱わんとな

 

一緒に始めたことだ。一緒に終わろう

 

君が最も恐れているのは、「恐怖」そのものだ。

 

いなくなりはしない
彼を心から信じる者がいる限り!!

 

こう考えてみて、
歴史上の偉大な人物も
最初はみな僕らと同じ学生だったんだ。
彼らにできたなら、
僕らにもできる。

 

いいよ、自分の友達は自分で選ぶよ

 

お見事! またしても君はその優秀なる頭脳で
的外れな答えを導き出したわけだ!

 

ここ、こんなに美しかったんだね

 

これがチェスなんだ! 犠牲を払わなくちゃ! 僕が一齣前進する。 そうするとクイーンが僕を取る。 ハリー、それで君が動けるようになるから、キングにチェックメイトをかけるんだ!

 

本気になる必要があるんだ、ポッター!
苦しめようと本気でそう思わなきゃ
それを楽しまなくちゃ

 

僕たちは全員、戦い続けるよ、ハリー。わかってるね?

 

心が整理された者にとっては死は次なる大いなる冒険に過ぎないのじゃ

 

子供の隠れんぼのようにここにうずくまったまま死ぬものか。ヴォルデモートの足下にひざまずいて死ぬものか…父さんのように、堂々と立ち上がって死ぬのだ。たとえ防御が不可能でも、僕は身を護るために戦って死ぬのだ…。

 

君はわたしが考えていたほど父親似ではないな ジェームズなら危険なことをおもしろがっただろう

 

ハリー、愛じゃよ愛。

 

あなたは、死ぬべきときに死ぬことができるようにと、いままで彼を生かしてきたのですか?

 

この人がどんな顔でも私が気にしますか?私だけで十分2人分美しいと思います!傷痕は私のハズバンドが勇敢だという印です!

 

ハリー、きみのいまの気持を恥じることはない それどころか……そのように痛みを感じることができるのが、きみの最大の強みじゃ

 

ハリー、進むのは君なんだ。僕には分かる。僕でもハーマイオニーでもなく、君なんだ。

 

ブログ管理人のコメント
映画と書籍の両方で大ヒットしたファンタジー学園モノの名作。本作が流行した当時には、他の漫画や小説にもハリーポッターの影響が見受けられます。勇気がもらえるかっこいい言葉がいっぱいです。

 

ハリー・ポッター 名言格言言葉『ハリー・ポッターシリーズ』(英:Harry Potter Series)は、イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学、ファンタジー小説。1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの学校生活や、ハリーの両親を殺害した張本人でもある強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの、因縁と戦いを描いた物語。1巻で1年が経過する。

第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』がロンドンのブルームズベリー出版社から1997年に刊行されると、全く無名の新人による初作であるにもかかわらず、瞬く間に世界的ベストセラーになった。子供のみならず多数の大人にも愛読され、児童文学の枠を越えた人気作品として世界的な社会現象となった。2001年から8本のシリーズで公開された映画(2011年完結)も大きなヒットを記録。当初から全7巻の構想であり、最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の原書が2007年7月21日に発売され、完結した。

孤児で、従兄弟等にいじめられているハリー・ポッター少年は、11歳の誕生日に自分が魔法使いであることを知る。ホグワーツ魔法魔術学校へ入学し、いままで知らなかった魔法界に触れ、亡き両親の知人をはじめとした多くの人々との出会いを通じて成長する。そして、両親を殺,害したヴォルデモート卿と自分との不思議な因縁を知り、対決していくこととなる。

はてなブックマーク - 真実は美しく、恐ろしいものじゃ。ハリー・ポッターシリーズの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket