マハトマ・ガンジー 名言格言言葉

インドのグジャラート出身の弁護士 宗教家 政治指導者

 

明日死ぬかのように生きよ。
永遠に生きるかのように学べ。

 

もし、私にユーモアがなければ、これほど長く苦しい戦いには耐えられなかったでしょう。

 

いま以上の何か、ここではないどこかにある幸せ、それを追い求めても、それは蜃気楼です。近づけば近づくほど、遠のいていきます。いまここにあるもの、それに満足することが幸せなのです。

 

スポンサーリンク

 

重要なのは行為そのものであって、結果ではない。
行為が実を結ぶかどうかは、自分の力でどうなるものではなく、生きているうちにわかるとも限らない。
だが、正しいと信ずることを行いなさい。
結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ。

 

簡素に暮らし、豊かに思考する。そんな理想の追求を、人はひとたび日々の暮らしの中で欲を膨らませた途端捨て去ってしまう。人の本当の幸せは、満足することにあるのに。

 

生は死から生じる。
麦が芽吹くためには、種子が死なねばならない。

 

私には世界に教えられることなど何もありません。
真実や非暴力はあの丘と同じくらい昔からすでに存在しているのです。

 

私たちにはもともと困難を乗り越える力が授けられている。心の中からこの恐れを追い出せば、その力が蘇る。恐れるな、道は開ける。

 

自然は時に残酷な暴力となって、人々に降りかかる。けれどもあらゆる出来事には意味があると考えるなら、私たちは自然の猛威さえからも、目をさらさずに何かを学び、救いの道を探るべきではないだろうか。

 

最高の道徳とは、不断に他人への奉仕、人類への愛のために働くことである。

 

目的を見つけよ。
手段は後からついてくる。

 

愛がある場所にこそ、人生がある。

 

毎晩眠りにつくたびに、私は死ぬ。そして翌朝目をさますとき、生まれ変わる。

 

自分から負けに屈してしまわない限り、それは負けではないのだから、もがくことはみっともないことではない。

 

充実感は、努力の中にある。
結果にあるのではない。
努力することが成功することになるのだ。
真実はすべて心の中にある。
人はそれを探し求め、真実によって導かれなければならない。

 

人々の違いなど些細なことだ

 

何かを訴えたい、意志表明したいと思ったときに、それを話したり書いたりする必要はない。行動し、生き様で示すしかない。私たちは一人一人の生き様を、生きた教科書にしよう。誰もがそこから学び取ることができるように。

 

行動の最中には静寂を、そして休息においては活気を学ばなくてはならない。

 

自分の身は自分で守るしかない。政府がいかに努力したところで、あなた達を救うことはできまい。どれほどの権力があろうとも、国民の支持が得られない政府など無力だ。だから、明日はもう政府はないと思いなさい。そのとき、あなた自身が政府となるのだ。

 

私の生き様が、私のメッセージである。

 

人間の英知を信用しすぎるのは賢明ではない。
強者も弱くなるかもしれないし、賢者も間違うかもしれないと心に留めておくことは健康的である。

 

前進するなら、歴史を繰り返すのではなく新しい歴史をつくろう。私たちの祖先が残した遺産に、新たな良きものを加えよう。

 

過ちを告白することは掃除に似ている。箒で埃を払ったあとは、すっきりときれいになり晴れやかな気分になる。告白することは、より強くなることなのだ。

 

世界の運命を暴力によって蹂躙させない唯一の方法は、私たち一人ひとりがあらゆる暴力を肯定しないことにある。

 

ブログ管理人のコメント
不屈の力強さと温かさを同時に感じる、不思議でためになる名言ばかりです。一生の教訓になるこれらの言葉をぜひとも胸に刻みつけましょう。

 

マハトマ・ガンジー 名言格言言葉モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー(1869年10月2日 – 1948年1月30日)は、インドのグジャラート出身の弁護士、宗教家、政治指導者。

マハトマ・ガンディー(=マハートマー・ガーンディー)として知られるインド独立の父。「マハートマー(महात्मा)」とは「偉大なる魂」という意味で、インドの詩聖タゴールから贈られたとされているガンディーの尊称である(自治連盟の創設者、アニー・ベザントが最初に言い出したとの説もある)。また、インドでは親しみをこめて「バープー」(बापू:「父親」の意味)とも呼ばれている。日本語では「ガンジー」とも表記される。1937年から1948年にかけて、計5回ノーベル平和賞の候補になったが、受賞には至っていない。

南アフリカで弁護士をする傍らで公民権運動に参加し、帰国後はインドのイギリスからの独立運動を指揮した。その形は民衆暴動の形をとるものではなく、「非暴力、不服従」(よく誤解されているが「無抵抗主義」ではない)を提唱した。
この思想(彼自身の造語によりサティヤーグラハ(英語版)、すなわち真理の把握と名付けられた)はインドを独立させ、イギリス帝国をイギリス連邦へと転換させただけでなく、政治思想として植民地解放運動や人権運動の領域において平和主義的手法として世界中に大きな影響を与えた。特にガンディーに倣ったと表明している指導者にマーティン・ルーサー・キング・ジュニア、ダライ・ラマ14世等がいる。

はてなブックマーク - 明日死ぬかのように生きよ。 永遠に生きるかのように学べ。マハトマ・ガンジーの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket