環境生まれ ネット名言格言言葉

ネット上に投稿された、人をとりまく「環境」についての名言

 

人生で大事なのは住む場所など、「環境選び」だな
川崎の事件が、それを改めて知らしめてくれる
これをしくじったら、いかな好人物でも努力や才能や運の持ち主でも
なす術なく命まで失いかねない
最強の力とされるイケメン美人パワー、運パワーコネパワーさえもことごとく無力化し、人をつぶす
それが「環境」

 

まぁ性格は半分が育った環境で決まるからな

 

遺伝的要素も重要だけど、育った環境は超重要。「努力できる才能」とか「他者と協力する才能」とかは家庭環境の方が重要だし。
身体能力や知能、容姿などは素質が大きいけど、それを活かせるもしくはハンデをカバーできる能力は環境。というか、ようは性格は家庭環境がものを言う。
厳しいか甘いか、金持ちか貧乏かは問題じゃなくて、子供の承認欲求を満たしてやっているかどうか?親もしくは周囲の大人が子供とコミュニケーションとれているか?が重要。
それができていれば、貧乏で勉強はできなくても社会をうまく渡っていける。

 

親が金持ちでも毒親(一種の毒のような影響を子供に与える親のこと)だと子供はまともに育たないよ
警察とか教師の管理職レベルの子供には引きこもりとかメンヘラが多い

 

人間は生まれながらに不平等という事。
でもその現実をどう捉えるかでその人の人生が決まる。
やる人はどんな環境だろうがやるし
やらない奴はどんなに環境が良くてもやらない。
言い訳の天才にだけはなりたくないものだな。

 

スポンサーリンク

 

親が金持ちってだけで子供のスペック上がるからな

 

環境はマジ
いくら頭が良かろうが田舎だと機会に巡り会えない

 

人生は「努力」と同じくらい「運」に左右される
結局、家柄の良いヤツには敵わない。スタート地点が違いすぎる

 

結局、どの親からどの環境に生まれるか運次第ってこと

 

国と親だろうね
親が用意できる・できないもの

・遺伝子
・金=衣食住、教育
・物の考え方(人生経験、慣習・・・選択してきたもの、捨ててきたもの)
・家族の空気(夫婦仲 明るい・暗い、教育に協力的・非協力的、個人主義・集団主義)
・インテリジェンス環境(物でなく身に付けている親の知や技・・・英語を話す、とっさの科学的説明、楽器演奏、家具を自分で作れるとか)

 

日本に生まれた時点で、環境面では頂点レベルだわ

 

生まれた環境は呪いかもしれない
どうかそれに負けず生きて欲しい

 

なんかのフィギュアスケートの選手も言ってたな。
フィギュアは親が金を持ってたらプロになれる。金が無ければ才能があろうがスタイルが良かろうが、プロにはなれない。むしろフィギュアはできない。

 

子供の頃の教育って本人には気付きにくいけど性格1つ取っても相当影響してると思う

 

アホなヤンキーの出来ちゃった婚で生まれた子は望んでないのにク,ソな環境に置かれて可哀想だと思う
もうちょっとマシな家に生まれさせてくれよと神を恨むだろうな

 

人間が変わる方法は3つしかない。
1番目は時間配分を変える。
2番目は住む場所を変える。
3番目はつきあう人を変える。
この3つの要素でしか人間は変わらない。
最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

 

赤ん坊取り違え事件が全てを物語ってたよな
金持ちエリート一家の子が生ポ暮らしの家で育って無事底辺に、生ポ暮らしの家の子はエリート一家で育って無事エリートに
環境が全てや

 

親の経済力と子供の学力が比例してるのは有名な話

 

親の教育に対する考えと親の年収が大きく影響する。
他には運と環境が才能が大きい。環境と遺伝で人格形成される訳だしな。あとは努力か。
実際に相関がある。遺伝も勿論あるしな。
資本主義社会は富める者が富む社会であるからして教育に金をかけるにしても良い環境を作るにしても金がある方が有利だ。
貧乏の子は貧乏になり、金持ちの子は金持ちになり、低学歴の子は低学歴になり、高学歴の子は高学歴になる。
勿論レアケースはあるが。
日本人は一億総中流の幻想を引きずっていて努力根性精神論、自己責任論なんかが大好きであるからレアケースを持ちだして底辺を叩くのだ。
まあ、高福祉国家で格差がほとんどなく公教育がしっかりした国であれば親で9割決まるということもなくなるかもしれないが。
日本はお察しの公教育だからね。

 

自分に合った環境が一番大切だろ
そういう奴は過程も楽しめるし結果も出るんだぞ

 

子供ってまだ純粋でいろんなこと知らないじゃん?
その子の方向性とか性格決めるのって遺伝子とか環境でだいたい決まるよね。
あとは、自分が向いてる分野が好きな可能性と、需要が高いかと、それに気づけるかも大切だし、努力ってそれらの土台がないと意味ないだろ
結局運で決まると思う

 

ひとはたしかに環境に影響され、外部要因に支配されるものです。ほんとうに酷烈な環境においては、十分に偉大な才能もついに芽を出すことはできないかもしれない。
しかし、それでもなお、最後の最後には「すべて自分しだい」であることも事実なんですよね。すべてが「自己責任」であるはずはなくても、同時に何もかも「ほかのだれかが悪い」こともありえない。
否――仮にそうだとしても、だからといって自分の人生を放棄してしまうわけには行かない。
逃げれば、逃げたぶんだけ、ごまかせばごまかしたぶんだけ、「逃避の代償」や「怠惰の負債」が溜まってゆく。

 

ブログ管理人のコメント
「富める者はますます富み、貧しき者はますます貧しくなる」との格言の通りに、全世界規模で富の一極集中と格差が拡大している現実からして、その人の人生のスタート地点の環境がその後に多大な影響を与えるのはまぎれもない事実です。生まれだけはどうしようもありませんが、悪環境を抜け出して良い環境を選択して移動することならできます。
はてなブックマーク - 親の経済力と子供の学力が比例してるのは有名な話。環境のネットの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket