チャップリン 名言格言言葉

イギリス出身の映画俳優 映画監督 コメディアン 脚本家 映画プロデューサー 作曲家

 

私の最高傑作は次回作だ。

 

人生に必要なものは、勇気と想像力。それと、ほんの少しのお金です。

 

人生はクローズアップで見れば悲劇。ロングショットで見れば喜劇

 

人に大切なのは、自信を持つことだ。私が孤児院にいたとき、腹をすかせて街をうろついて食いものをあさっていたときでも、自分では世界一の大役者ぐらいのつもりでいた。つまり勝ち気だったのだ。こいつをなくしてしまったら、人はうち負かされてしまう

 

最初から多くのことを成し遂げようとして極端な努力をすると、たちまちのうちに全てを放棄することになる。

 

個人としての人間は天才である。しかし、集団としての人間は刺激されるがままに進む、巨大で、野蛮な首の無い怪物となる。

 

長い間の経験から、アイデアというものは、それを一心に求めてさえいれば必ずくるということを発見した。

 

行動を伴わない想像力は、何の意味も持たない。

 

そうだ人生はすばらしい。何より大切なのは勇気だ、想像力だ。

 

失敗は重要ではない。

 

スポンサーリンク

 

下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。

 

私の苦痛が、誰かが笑うきっかけになるかもしれない。しかし、私の笑いが、誰かの苦痛のきっかけになることだけは絶対にあってはならない。

 

意味を考えていたら始まらないよ。
人生ってのは欲望さ。
意味なんてどうでもいいじゃないか。

 

死と同じように
避けられないものがある。
それは生きることだ。

 

必要なのは知識でなく思いやりである。思いやりがなければ残るのは暴力だけである。心に愛を知らぬものだけが憎しみ合うのだ。人生はもっと美しく、もっと素晴らしいはずだ。

 

無駄な一日。それは笑いのない日である。

 

私たちは生き方を
見失ってしまったのだ。欲が人の魂を毒し、
憎しみと共に世界を閉鎖し、
不幸、惨劇へと私たちを行進させた。

私たちはスピードを開発したが、
それによって自分自身を孤立させた。

ゆとりを与えてくれる機械により、
貧困を作り上げた。

知識は私たちを皮肉にし、
知恵は私たちを冷たく、薄情にした。

機械よりも、
私たちには人類愛が必要なのだ。

賢さよりも、
優しさや思いやりが必要なのだ。

そういう感情なしには、
世の中は暴力で満ち、
全てが失われてしまう。

 

私は悲劇を愛する。悲劇の底にはなにかしら美しいものがあるからこそ、愛するのだ。

 

ブログ管理人のコメント
仕事のためだけでなく、心の底から笑いと人間の善性を愛していることが伝わってくる温かい言葉ばかりです。今は辛くても、人生の長いスパンからとらえればどうってことない、ということがほとんどだと思います。

 

チャップリン 名言格言セリフチャールズ・スペンサー・”チャーリー”・チャップリン(Charles Spencer “Charlie” Chaplin、1889年4月16日 – 1977年12月25日)は、イギリス出身の映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー、作曲家である。左利き。

映画の黎明期において、数々の傑作コメディ映画を作り上げ、「喜劇王」の異名をもつ。同年代に活躍したコメディアン、バスター・キートンやハロルド・ロイドと並び、「世界の三大喜劇王」と呼ばれる。チャップリンは、ハリウッドにおいて極めてマルチな才能を示した人物であり、徹底した完璧主義で知られていた。依然多くのファンを獲得する不世出の天才であるが、その作品には毒性もあり、ユーモアの陰に鋭い社会諷刺、下町に生きる庶民の哀愁や怒り、涙までも描かれているため、純粋に笑いのみを追求する他のコメディアンとは一線を画す存在であることは特筆すべきである。

チャップリンの最もよく知られている役柄は「小さな放浪者=The Little Tramp」である。窮屈な上着に、だぶだぶのズボンと大きすぎる靴(ドタ靴)、山高帽に竹のステッキといったいでたちのちょび髭の人物で、アヒルのように足を大きく広げてガニ股で歩く特徴をもつ。ホー.ムレスだが紳士としての威厳をもち、優雅な物腰とその持ち前の反骨精神でブルジョワを茶化し、権力を振りかざすものを笑い飛ばした。

はてなブックマーク - 下を向いていたら虹を見つけることは出来ないよ。チャップリンの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket