紅の豚 名言格言セリフ

スタジオジブリ制作の長編アニメーション作品

 

飛ばねえ豚は、ただの豚だ。

 

意地も見栄も無い人間なんて最低よ。堂々と対決しなさい。

 

国家とか民族とかくだらないスポンサーを背負って飛ばなきゃならないんだ。

 

スポンサーリンク

 

飛行艇乗りの連中ほど、気持ちのいい男達は居ないって、おじいちゃんはいつも言ってたわ。
それは海と空の両方が奴等の心を洗うからだって。だから飛行艇乗りは船乗りよりも勇敢で、丘の飛行機乗りより誇り高いんだって。

 

ここではあなたのお国より、人生がもうちょっと複雑なの

 

彼らの一番大事な物は金でも女でもない名誉だって。

 

マルコ、今にローストポークになっちゃうから。あたし嫌よ、そんなお葬式。

 

初めての仕事だからきちんとやりたいの。

 

うるせえ!女がどうした。世界の半分は女だ。

 

いい奴はみんな死ぬ。友よ…。

 

愛する者の為だ。喜んで戦うぜ。

 

フィオを見てるとな、人間も捨てたもんじゃねえって、そう思えてくるぜ。

 

お前がチャンスをくれたんだ。ありがとうよ。俺達は運命共同体って訳だ。

 

心配するな、女はいいぞ。よく働くし、粘り強いしなあ。

 

安い仕事はやらねえぜ。

 

睡眠不足はいい仕事の敵だ。それに…美容にもよくねえ。

 

カッコイイとは、こういうことさ

 

ジーナさんの賭けがどうなったかは、私たちだけのひみつ

 

ブログ管理人のコメント
飛行機で空を駆ける爽快感とイタリアの美しい街並みが楽しい本作。ロマンいっぱいの名言ばかりです。ブログ管理人は野心に燃えるカーチスが好き。

 

紅の豚 名言格言言葉『紅の豚』(くれないのぶた)は、スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション作品。アニメーション映画として1992年7月18日から東宝系で公開された。監督は宮崎駿。前作の『魔女の宅急便』に続いて劇場用アニメ映画の興行成績日本記録を更新した。

世界大恐慌時のイタリア・アドリア海を舞台に、飛行艇を乗り回す海賊ならぬ空賊(空中海賊)と、それを相手に賞金獲得で生きるブタの姿をした退役軍人の操縦士の物語。第一次世界大戦後の動乱の時代に生き、夢を追い求める男達の生き様を描いている。原案は、月刊誌『モデルグラフィックス』の連載漫画記事宮崎駿の雑想ノートの「飛行艇時代」からで、本作はそれを膨らませたものである。生家が航空機産業に関係していたため、幼い頃から空を飛ぶことに憧れていた宮崎が、自分の夢として描いた作品である。宮崎自身がその演出覚書において、「疲れて脳細胞が豆腐になった中年男のためのマンガ映画」にしたいと記している。

飛行艇乗りポルコは、以前から対立している空賊・マンマユート団に襲われたバカンスツアーの女学校の生徒達を助ける。その夜、幼なじみのジーナが経営するホテルアドリアーノへ出かけたポルコは、そこでカーチスというアメリカ人と出会い、彼の飛行技術の優秀さを察知する。同時刻のアドリアーノでは、ポルコに業を煮やした空賊連合が、ポルコに対抗するため若きアメリカの飛行艇乗りカーチスを雇う相談をしていた。

はてなブックマーク - 愛する者の為だ。喜んで戦うぜ。紅の豚の名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket