プロポーズ大作戦 名言格言言葉

日本のテレビドラマ

 

鶴に言った言葉はチャンスを見送ってばかりいた自分に対する苛立ちだった、結果や体裁ばかり気にして一度も全力でバットを振らないまま試合を終えてしまった自分への苛立ちだった。

 

人間とは物事が上手くいかなかった時に理由を求める生き物である。状況やタイミング、天気や運勢、様々な言い訳を引っ張りだしては自分を慰める。こんなはずじゃなかった、もう一度やり直せればと。やり直せれば本当に上手くいくのだろうか?一度目で出来なかったことが二度目で出来る自信はどこから来るのだろうか。

 

とにかく行かないで欲しいんだよ、お前は俺の憧れなんだよどんなに手伸ばしても一生手の届かない高嶺の花なんだよ、それは自分でもよく分かってるだから頼むから俺の憧れなんだから、都合のいい女になんじゃねぇよ、泣いてばっかの恋愛なんかすんじゃねぇよ、もう見てらんねぇんだよ。

 

いつも近くにいると思って先延ばしにちゃ駄目なんだよ、何度も会いに行けよ、会いたいと思ったら何度も会いに行けよ。美味しいと思ったらちゃんと伝えてやれよ。

 

時間には限りがある。有効に使うか無駄にするかは使い方次第だ。それは、過去も現在も何ら変わらない。

 

勝手に駄目だと決めつけてチャレンジもせずに諦める。ま、お前に限らず?人類全般に言えることだな。
ぶつかりもせずに自らの手で奇跡の扉を閉じていてば、幸せなど舞い込むわけがない。当たって砕けろって言葉があるが、本当に砕けた人間なんて見たことあるか?人間は丈夫な生き物だ。相手に気持ちを伝えたくらいで砕けやしないよ。良いか?決めつけはタブーだ。

 

手伸ばしてもないくせになに言ってんだよ、なに黙って見逃してんだよ、今更空振りするのビビってんじゃねぇよ、ホームラン狙って思いっ切り空振りしてこいよ、女なんかに鶴のカッコよさ分かんなくたっていいんだよ、いつも通りやれよ。

 

何でタイミングやキッカケに頼ろうとすんだよ!この信号が変わったら告白しよう、この車が通り過ぎたらいおう、二人きりになったら気持ちを伝えよう、そんな小さなことにこだわってるから、大きな幸せが掴めないんだよ。

 

奇跡の扉を探し続けるんだよ!どうしても運命を変えたい、そう願い続けることでしか、奇跡の扉は開かないようにできてる。奇跡の扉を開ける鍵は、お前の心の中にしかないんだよ。お前はそれに気付いていないだけだ。

 

礼、もしこれ一発で当たったら、俺と付き合うの決定な。

 

スポンサーリンク

 

求めよ、さらば与えられん。尋ねよ、さらば見出さん。扉を叩け、さらば開かれん。

 

今度やろうは馬鹿野郎、明日やろうも馬鹿野郎。思い立ったらすぐ何でもやらなきゃ駄目だ!

 

もう、迷わないって決めたんだ。気まぐれで優しくされることにもうなびかないって決めたの。だってそうしなきゃ前に進めないから。

 

言いたいと思ったら言う、言わないでも伝わるなんて思ったら大間違いだぞ!

 

ちゃんと出来るときにやらなきゃ駄目なんだよいつも近くにいると思って先延ばしにしちゃ駄目なんだよ、何度も会いに行けよ会いたいと思ったら何度も会いに行けよ美味しいと思ったらちゃんと伝えてやれよ、爺ちゃんと同じ事してやれよ、俺みたいに後悔するぞ、明日やろうは馬鹿やろうなんだよ。

 

学生服よりも、あなたが真心込めて手入れをしてくれたこのユニフォームこそ、私の高校時代のあかしです。

 

持ち球が無くなったら最後は捨て身の直球勝負、これが男の鉄則だろ!

 

いつも明日が来ると思ったら痛い目に合うぞ

 

ありがとう、ケンゾウ君。

 

相手の目をじーっと見てれば、だんだん近づいて、いつの間にかキスしてるって。キスってただの結果だから。

 

人生のいたずらって言うのは時に残酷だな。

 

人が結婚するってことは並大抵のことじゃないってことだ。

 

男は女の最初の恋人になりたがるが、女は男の最後の恋人になりたがる。

 

人生で一番好きな相手は失おうとするまさにその瞬間に、この人だったと気付くのである。

 

ブログ管理人のコメント
限りあるチャンスを無駄にしてはいけない、という教えは恋愛だけでなく、人生のあらゆる局面で大事なことだと思います。かっこいいセリフが多いですね。

 

プロポーズ大作戦 名言格言セリフ『プロポーズ大作戦』(プロポーズだいさくせん、英題:Operation Love)は、フジテレビ系列の「月9」枠で2007年4月16日から6月25日まで、毎週月曜日21:00 – 21:54[1](JST)に放送された日本のテレビドラマ。主演は山下智久と長澤まさみ。2008年3月25日にスペシャルドラマが放送。なお、このドラマのリメイク版が2012年2月から韓国のTV朝鮮で放送された。

思いを寄せていた幼なじみ・吉田礼(長澤)に告白できないまま、彼女の結婚式に出席することになった主人公・岩瀬健(山下)が、妖精(三上)の力を借りて過去に戻って恋の成就を試みる物語。雑誌『ザテレビジョン』が行った「第53回ドラマアカデミー賞」(2007年春クール)において、最優秀作品賞とドラマソング賞を受賞。中途半端なエンディングだったことから、視聴者から放送終了後に電話4000件、メール3000件の問い合わせが送られた。その声に応える意味で、2008年3月25日に2時間18分のスペシャル版が放送された。

岩瀬健(山下智久)は恋に不器用で、大好きだった幼馴染みの吉田礼(長澤まさみ)に告白できないまま、礼と恋人・多田(藤木直人)の結婚式に出席することになってしまった。自分と礼が写っているスライド写真を眺め、健は「ちゃんと告白していれば、自分が礼と結婚できたかもしれないのに…」と激しく後悔する。そこへ、時間を操れるという妖精(三上博史)が現れ、食べ物と交換に、過去に戻してやると申し出る。そして健は、「ハレルヤチャンス」という言葉とともに過去へタイムスリップ。礼とのハッピーエンドを目指して奮闘する。

はてなブックマーク - いつも明日が来ると思ったら痛い目に合うぞ。プロポーズ大作戦の名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket