ソードアート・オンライン 名言格言セリフ

川原礫による日本のライトノベルおよびオンライン小説

 

俺の命は君のものだ、アスナ。だから君のために使う。最後の一瞬まで一緒にいよう。

 

人が一人で死ぬ、なんてことはあり得ない 人が死ぬときは、他の誰かの中にいるそいつも同時に死ぬんだ 俺の中にも、シノンがいるんだ!

 

レベルなんてタダの数字だよ。
この世界での強さは、単なる幻想に過ぎない。
そんなものよりもっと大事なものがある。
次は現実世界で会おう。
そしたらまた、同じように友だちになれるよ。

 

言っとくが俺はソロだ。1日2日オレンジになるくらいどおって事ないぞ。

 

強さは、結果じゃなく・・・・・
そこを目指す過程の中にこそ・・・

 

私が私でいるため。
最初の町の宿屋に閉じこもって、ゆっくり腐っていくぐらいなら最後の瞬間まで自分のままでいたい。
たとえ怪物に負けて死んでも、このゲーム、この世界には負けたくない。
どうしても。

 

だから、もし私が死んでも、キリトは頑張って生きてね。
生きてこの世界の最後を見届けて、
このせかいが生まれた意味、
私みたいな弱虫がここに来ちゃった意味、
そして、君と私が出会った意味を見つけてください。
それが私の願いです。
じゃあね、キリト。
君と逢えて、一緒にいられて、本当によかった。
ありがとう。
さようなら。

 

ぶつからなきゃ伝わらないことだってあるよ。
例えば、自分がどれだけ真剣なのか、とかね

 

ボク、頑張って生きた、 ここで、生きたよ

 

・・・わたしも。わたしも、絶対に君を守る。
これから永遠に守り続けるから。だから・・・

 

スポンサーリンク

 

これは、ゲームであっても、遊びではない

 

おめぇは生きろよ!最後まで生きろよ!生きてくれ!

 

疑って後悔するよりは、信じて後悔しようぜ!
行こう!

 

俺のレベルは78.HP は14500
さらにバトルヒーリングスキルによる自動回復が10秒で600ポイントある
何時間攻撃しても俺は倒せないよ。

 

でも……でもね……ようやく、答えが……見つかった、気がするよ……。
意味、なんて……なくても……生きてて、いいんだ……って……。
だって……最後の、瞬間が、こんなにも……満たされて……いるんだから……。
こんなに……たくさんの人に……囲まれて……大好きな人の、腕のなかで……旅を、おえられるんだから…………。

 

誰かを見殺しにするくらいなら、
一緒に死んだほうがずっとましだ。
それがリズみたいな女の子だったらなおさらだ。

 

でも、わたしは帰りたい だって、あっちでやり残したこと、いっぱいあるから

 

・・・君は・・・何があろうと還してみせる・・・あの世界に・・・

 

あんまり強く抱きしめると、俺のHPがなくなるぞ。

 

私にとって、君は、
暗い道の向こうでいつも私を照らしてくれた星みたいなものだったよ。
じゃあね、キリト。
君と会えて、一緒にいられて、ほんとによかった。
ありがとう。さよなら。

 

彼のことを思いながら寝ると、嫌な夢を見なくなった。
彼に会えるのが楽しみになった。
初めて、ここに来てよかって思えた。
キリトくんは私にとって、
ここで過ごした二年間の意味であり、生きた証です。
私はこの人に出会うために、あの日、ナーブギアをかぶったんです

 

大丈夫だよ。キリトくんは私が守る。
だから、キリトくんは私を守ってね。

 

ソードスキルに銃を使ってはいけないと誰が決めた?

 

この一瞬を君と生きる。

 

なら………――なら、あなたが私を一生守ってよ!!何も知らないくせに……何もできないくせに、勝手なこと言わないで!
こ……これは、私の、私だけの戦いなのよ!たとえば負けて、死んでも、誰にも私を責める権利なんかない!!
それとも、あなたが一緒に背負ってくれるの!?

 

所詮ゲームなんだから何でもありだ。殺したければ殺すし、奪いたければ奪う。そんなふうに言う奴には、嫌ってほど出くわしたよ。一面ではそれも事実だ、俺も昔はそう思っていた。
でも、そうじゃないんだ。仮想世界だからこそ、守らなきゃならないものがある

 

ブログ管理人のコメント
ネット発のオンライン小説としては異例の大人気作となったSAO。ゲーム内容に関係する言葉だけでなく、むしろ人との交流と絆にまつわる名言が多く、胸が熱くなります。

 

ソードアート・オンライン 名言格言言葉『ソードアート・オンライン』(Sword Art Online、略称:SAO)は、川原礫による日本のライトノベル、およびオンライン小説。イラストはabecが担当している。

元々は著者が2002年の電撃ゲーム小説大賞応募用に執筆した長編を、「九里史生」名義で自身のウェブサイトに掲載したオンライン小説である。本編の連載は同年11月から2008年7月まで続き、2004年頃には既にオンライン小説として高い評価と知名度を得るに至った。

2022年、世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」(SAO)の正式サービスが開始され、約1万人のユーザーは完全なる仮想空間を謳歌していた。
しかし、ゲームマスターにしてSAO開発者である天才プログラマー、茅場晶彦がプレイヤー達の前に現れ、非情な宣言をする。SAOからの自発的ログアウトは不可能であること、SAOの舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法であること、そしてこの世界で死亡した場合は、現実世界のプレイヤー自身が本当に死亡するということを……。
それから2年、最前線は74層、残りプレイヤーは6147人となっていた。プレイヤーの一人である少年キリトは、ソロプレイヤーとして最前線で戦っていた。

はてなブックマーク - 俺の命は君のものだ、アスナ。だから君のために使う。ソードアート・オンラインの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket