アドラー 名言格言言葉

オーストリア出身の精神科医 心理学者 社会理論家

 

遺伝もトラウマも、あなたを支配してはいない。どんな過去であれ、未来はいまここにいるあなたがつくるのだ。

 

人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生は極めてシンプルである。

 

健全な人は、相手を変えようとせず自分がかわる。不健全な人は、相手を操作し、変えようとする。

 

人生には3つの課題がある。1つ目は「仕事の課題」。2つ目は「交友の課題」。3つ目は「愛の課題」である。そして後の方になるほど解決は難しくなる

 

扱いにくい相手とうまく付き合うには、
相手が何とか自分を優秀に見せようとして、躍起になっていることを念頭に置くこと。
その観点から相手と付き合ってみなさい。

 

強く見せる努力は止めて、強くなる努力をすべきだ。

 

楽観的でありなさい。過去を悔やむのではなく、未来を不安視するのでもなく、いま現在だけを見なさい。

 

遺伝や育った環境は、単なる素材でしかない。その素材を使って、住みにくい家を建てるか、住みやすい家を建てるかは、あなた自身が決めればいい。

 

すべての悩みは対人関係の課題である。仙人のような世捨て人でさえも、実は他人の目を気にしているのだ

 

「自分は役立っている」と実感するのに、相手から感謝されることや、ほめられることは不要である。貢献感は「自己満足」でいいのだ。

 

未熟な自分を責めてる限り、幸せにはなれない。
未熟な自分を認めること。
それができる者だけが強い人間になれる。

 

「やる気がなくなった」のではない。「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。「変われない」のではない。「変わらない」という決断を自分でしているだけだ。

 

スポンサーリンク

 

過去を後悔しなくていい。
未来に怯えなくていい。
そんなところを見るのではなく、いまこの時に集中しなさい。

 

ピンク色のレンズのメガネをかけている人は、世界がピンク色だと勘違いをしている。自分がメガネをかけていることに気づいていないのだ。

 

子供にとっては、家族が世界のすべてなのだ。
親に愛されなければ、死ぬしかない。
だから子供たちは全力で親に愛されようとする。
そのときとった命がけの戦略がそのまま性格形成につながっていく。

 

陰口を言われても嫌われても、あなたが気にすることはない。相手があなたをどう感じるかは相手の課題なのだから。

 

幸せの三要素は、
自分自身が好きかどうか。
よい人間関係を持っているかどうか。
そして、人や社会に貢献しているかどうか。

 

究極的には、われわれの人生において対人関係以外の問題はないように見える

 

ブログ管理人のコメント
私たちは良くも悪くも過去と未来の両方にとらわれすぎて、過去を振り切りより良い未来を作るための「最も大事な現在」をないがしろにしがちです。アドラーは人の目よりも現在と自己評価に意識を集中せよと説いてくれています。

 

アドラー 名言格言言葉アルフレッド・アドラー(Alfred Adler、ドイツ語発音: [alfreːt aːdlɐ](アルフレート・アードラー)、1870年2月7日 – 1937年5月28日)は、オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。ジークムント・フロイトおよびカール・グスタフ・ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。

アドラーについては、初期の頃のフロイトとの関わりについて誤解があるが、アドラーはフロイトの共同研究者であり、1911年にはフロイトのグループとは完全に決別し、個人心理学(アドラー心理学)を創始した。

人間を駆りたてる最も優勢な原動力は,生命の本質的完成への努力であるとし,これはしばしば劣等感への補償としての優越への要求となると説いた。

はてなブックマーク - 未熟な自分を認めること。 それができる者だけが強い人間になれる。アドラーの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket