デカルト 名言格言言葉

フランス生まれの哲学者 数学者 近世哲学の祖として知られる

 

我思う、ゆえに我あり

 

最高の学問とは、世間という厖大な書物から学ぶことである。

 

疑いは知のはじまりである

 

良き書物を読むことは、過去の最も優れた人達と会話をかわすようなものである

 

一日一日を大切にしなさい。
毎日のわずかな差が、人生にとって大きな差となって現れるのですから。

 

良き書物を読むことは、過去の最も優れた人達と会話をかわすようなものである

 

スポンサーリンク

 

不決断こそ最大の害悪

 

難しい問題は、小さく分けて考えなさい。

 

秀でたる知性を有するだけでは十分ではない。大切なのは、それをうまく活用することである

 

健康は紛れもなくこの世で最上の善であり、ほかのあらゆる善の基礎となる。

 

真理を探求する前に、疑えるだけ疑う必要がある

 

自然は人間を嫌う

 

人の考えを本当に理解するには、彼らの言葉ではなく、彼らの行動に注意を払え

 

私がこれまでに解決した個々の問題は、後に別の問題を解決するための法則となった

 

完全数というのは、完全な人間と同様、非常に稀な存在である

 

世界ではなく、自分自身を征服せよ

 

決断ができない人間は、欲望が大きすぎるか、悟性(知性の意味)が足りないのだ。

 

経験とは、人類の知性が進むほど、その必要性を感じさせるものである

 

ブログ管理人のコメント
無駄のない言葉で、大事な真理を次々と突いたデカルトの名言は美しいとさえ感じてしまいます。答えはもう自分の中で出ているのに行動を起こせない時は決断できていない証拠なので、デカルトの言葉を思い出しましょう。

 

デカルト 名言格言言葉ルネ・デカルト(仏: René Descartes, 1596年3月31日 – 1650年2月11日)は、フランス生まれの哲学者、数学者。合理主義哲学の祖であり、近世哲学の祖として知られる。

考える主体としての自己(精神)とその存在を定式化した「我思う、ゆえに我あり」は哲学史上でもっとも有名な命題の1つである。そしてこの命題は、当時の保守的思想であったスコラ哲学の教えであるところの「信仰」による真理の獲得ではなく、信仰のうちに限定してではあれ、人間の持つ「自然の光(理性)」を用いて真理を探求していこうとする近代哲学の出発点を簡潔に表現している。デカルトが「近代哲学の父」と称される所以である。

初めて哲学書として出版した著作『方法序説』(1637年)において、冒頭が「良識(bon sens)はこの世で最も公平に配分されているものである」という文で始まるため、思想の領域における人権宣言にも比される。
また、当時学術的な論文はラテン語で書かれるのが通例であった中で、デカルトは『方法序説』を母語であるフランス語で書いた。その後のフランス文学が「明晰かつ判明」を指標とするようになったのは、デカルトの影響が大きい、ともいわれる。

はてなブックマーク - 不決断こそ最大の害悪。デカルトの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket