ファイトクラブ 名言格言セリフ

1999年製作のアメリカ映画 チャック・パラニュークの同名小説の映画化作品

 

持っている物が自分を束縛する

 

これはお前の人生だ。そして、1分ごとに死に近づいている。

 

いつか必ず死ぬって事を心に刻み込め!すべてを失った者が本当の自由を知る

 

スポンサーリンク

 

文明生活の基本的な前提を拒否しろ。特に物を持つことの重要性を拒否しろ。

 

痛みを消すな!受け入れるんだ!苦痛なしじゃ、痛みなしじゃ何も得られない!

 

僕は文明の思い上がりの象徴ともいえる物質文明主義を拒否する!

 

完璧なんてない。完璧を目指すのはやめろ。それより、進化するんだ。どんな結果になろうとも。

 

災厄のあとにだけ、俺たちは復活できる。

 

神に自分は嫌われてるんじゃないか?くらいは考えろよ!要らない人間だ!お前はどう考えたって憎まれてる!神なんて要らないんだ!何が天罰だ!何が食材だ!俺たちは神の望まない子!ざまーみろ!

 

俺たちが求めてる答えが“嫁さん”だなんて考えられない

 

俺の財産を破壊した解放者が、物の見方を変えてくれた。

 

人間は職業じゃない!

 

どうせいつかはジジイになる

 

人は愛する相手を傷つけ、傷つける相手を愛する。

 

もし、いまこれを読んでいるなら、この警告は君に宛てたものだ。この役立たずな高画質の画面で全ての文字を読んでも、君の人生はさらに無駄になるだけだ。他にすることはないのか? いまの瞬間をより良く過ごす方法を考えられないほど、君の人生は空っぽなのか? それとも、君が尊敬と信頼を抱く権威に感銘を受けちゃってるのか? 君は読めと言われたものをすべて読むのか? 考えろと言われたことをすべて考えるのか? 買えと言われたものをすべて買うのか? アパートを出ろ。異性に会え。過度の買い物を止めろ。仕事を辞めろ。戦いを始めろ。生きていることを証明しろ。もし君が自分の存在を主張しないなら、君は統計データの1つになる。警告は以上だ。

 

信じるもののために立つときが来た。

 

おい、お前が俺を作ったんだ……責任もてよ!

 

今すぐ死ぬとしたら、今までの人生をどう思うんだ?

 

ブログ管理人のコメント
過激で、信じるべきか疑うべきか判然としない内容の名言が次から次へと飛び出す有名映画です。日本は世界的に見てあまりに安全な国なので、いつか来る死への危機感が薄いとよく思います。ブログ管理人は強いカリスマをもつタイラー・ダーデンが好き。

 

ファイトクラブ 名言格言言葉『ファイト・クラブ』(Fight Club)は、1999年製作のアメリカ映画。日本では1999年12月11日に20世紀フォックス配給により、日比谷映画他、全国東宝洋画系にて公開された。チャック・パラニュークの同名小説の映画化。

2008年に英国最大の映画雑誌『エンパイア』が、読者1万人、ハリウッドの映画関係者150人、映画評論家50人を対象に「過去最高の映画」に関するアンケート調査を行い「歴代最高の映画ランキング500(The 500 Greatest Movies of All Time)」を発表した。その結果、『ファイト・クラブ』が10位にランクインした。また、同年に同誌が「最高の映画キャラクター100人(The 100 Greatest Movie Characters)」の調査を行ったところ、栄えある1位に輝いたのは、『ファイト・クラブ』でブラット・ピットが演じたタイラー・ダーデンだった。

物語は、「僕」の視点で進行する。「僕」(エドワード・ノートン)は、自動車会社に勤務し、全米を飛び回りながら、リコールの調査している平凡な会社員である。高級コンドミニアムに、イケアのデザイン家具、職人手作りの食器、カルバン・クラインやアルマーニの高級ブランド衣類などを強迫観念に駆られるように買い揃え、雑誌に出てくるような完璧な生活空間を実現させ、物質的には何不自由ない生活を送っていた。一方で、僕の精神の方は一向に落ち着かず、不眠症という大きな悩みがあった。

はてなブックマーク - これはお前の人生だ。そして1分ごとに死に近づいている。ファイトクラブの名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket