豊臣秀吉 名言格言言葉

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将 天下人 関白 太閤 三英傑の一人

 

戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すところである。

 

金銀をたくさん積んでおくのは、良い侍を牢に押し込めて置くのと同じことだ。

 

障子を開けてみよ。外は広いぞ。

 

人の意見を聞いてから出る知恵は、本当の知恵ではない。

 

側に置いておそろしい奴は、遠くに飛ばす

 

スポンサーリンク

 

家康は愚か者だ。
が、油断のならない愚か者だ。

 

負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。

 

従や友達の間が不和になるのは、わがままが原因だ。

 

やるべき事が明確であるからこそ、日夜、寝食忘れて没頭できる。

 

いくら謙信や信玄が名将でも、俺には敵わない。彼らは早く死んでよかったのだ。生きていれば、必ず俺の部下になっていただろう。

 

どこへ逃げたって、日本全国は俺の庭だ。気にするな。

 

猿・日吉丸・藤吉郎・秀吉・大閤、これも又皆がいやがるところでの我慢があったればこそ

 

この黄金の輝きも 茶の一服に勝るものかな

 

主人は無理を言うなる者と知れ。

 

人と物争うべからず 人に心を許すべからず

 

天下を治める上から、掟を厳正に定めてほしい。そして、その掟に少しでもそむく者がでてきたら、決してえこひいきなく道理にかなっていること道理にかなっていないことをさばき、たとえそれが兄弟や親族であろうとも、罪のある者は処罰せねばならない。

 

戦は六、七分の勝ちを十分とする。

 

露と落ち 露と消えにし わが身かな 難波のことも 夢のまた夢

 

ブログ管理人のコメント
現実が思い通りに運ばないということを充分にわきまえた上での妥協案・現実的な解決策を提示する名言が多く、さらに風情を愛する趣味人をうかがわせる言葉もあります。勝つためには理想と現実の折り合いをつけることも大切ですね。

 

豊臣秀吉 名言格言セリフ豐臣 秀吉(とよとみ ひでよし)/ 羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、天下人、関白、太閤。三英傑の一人。百姓から天下人へと至った生涯は「戦国一の出世頭」と評される。

尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされる。(出自参照)当初、今川家に仕えるも出奔した後に織田信長に仕官し、次第に頭角を現した。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると「中国大返し」により京へと戻り山崎の戦いで光秀を破った後、信忠の遺児・三法師を擁して織田家内部で勢力争いに勝ち、信長の後継の地位を得た。

大坂城を築き、関白・太政大臣に就任し、豊臣姓を賜り、日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした。天下統一後は太閤検地や刀狩、惣無事令、石高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。

はてなブックマーク - この黄金の輝きも 茶の一服に勝るものかな。豊臣秀吉の名言
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket